データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




来季はアメリカで〝武者修行〟――四国アイランドリーグPlus、大胆な改革案を発表

12月13日、香川県高松市内のホテルで、四国アイランドリーグPlusの設立10周年の記念式典が行われた。席上、四国アイランドリーグPlusが来季からアメリカで試合を行うなど、画期的な戦略を展開することが発表された。

2014/12/14

text By

photo

Koh Hiroo

タグ: , , , , , , ,



006

経営難によるチームの増減…紆余曲折の10年間

 四国アイランドリーグPlusは、元西武のスター選手、石毛宏典が「日本でも独立リーグを」と呼びかけて結成された。

 2005年からペナントレースを開始。当初は徳島、香川、愛媛、高知の四国4県でスタートしたが、その後福岡、長崎が加入。また三重も加入。しかし、いずれも短期間で撤退、解散。今は元の4球団で運営している。
 10年間で約750人の選手を受け入れ、このうち45人がNPBに進んでいる。

 この間、リーグの運営体制は大きく変わった。
 4球団は2年目には独立採算の企業に分社化されたが経営難に陥り、今では4球団とも経営体制は入れ替わっている。
 またリーグの運営も、石毛宏典が退任し、現CEOの鍵山誠氏が引き継いで現在に至っている。
 式典の冒頭、10年の歩みが紹介された。その上で、鍵山CEOが、四国アイランドリーグPlusの今後の構想を発表した。

 それは、日本のこれまでのプロ野球リーグとは一線を画す、画期的なものだった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@