データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




投手としての才能も? 素材は糸井や谷レベル、ドラフト指名を待つ大阪偕星・姫野

22日にドラフト会議が行われる。今年の夏の甲子園に出場した大阪偕星の姫野優也もドラフト指名候補の1人と言われている。ドラフト指名直前、山本監督は何を思うのか。

2015/10/21

text By

タグ: , , , , ,



MSD_koshien_010

持って生まれた才能

 大阪偕星学園野球部監督の山本晳が姫野優也とはじめて会ったのは、彼が高校1年生の夏のことだったと記憶している。人を介して天理高校を中退した姫野の面倒を見てくれないかと頼まれたのだ。

「彼の背中、広背筋を見て、ああ、物が違うと思いましたね」

 持って生まれた才能というものがある。すらりとした体に均整の取れた筋肉――山本は後ろ姿を見たときに彼の力を確信したという。

 姫野はいわゆる四番で投手というタイプだった。

「ただ、ピッチングの方はめちゃくちゃでした。飛んでもないフォームでめちゃくちゃ投げていた。闇雲に投げれば速いんですけれど、コントロールすると120キロぐらいしか投げられない。本人はボールが指にひっかかって投げられないと言っていました」

 姫野が大阪偕星に来ることが決まると翌日から山本は文字通り手取り足取り、フォームを作りあげることから始めた。

「一冬を越して(姫野が高校2年生となった春)から試合に出させたんですが、ピッチャーとしては力むと昔の(悪い)フォームが出がちだった。ボールに指が全く引っかからないという、抜けたフォーム」

 そして、彼がめきめきと頭角を現したのは打者としてだった。

「去年の6月ぐらいから一番や三番を打たせたら連続ホームランですよ。レフトにホームラン、次はライトにホームランという風に」

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro





@