データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




オコエら規格外の選手いるも即戦力より将来性。スカウティング力が問われる2015年ドラフト【高校生編】

10月22日、ドラフト会議が行われる。今年の高校生は規格外の選手もいるが、全体的には数年後を見据えた将来性重視の指名になるだろう。

2015/10/18

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



オコエ瑠偉顔写真1

オコエのような選手を日本の野球界は育てないといけない

 U-18日本代表の活躍で、評価の高まった今年の高校生だが、例年に比べて、小粒な印象は否めない。それは2大会連続でU-18日本代表監督を務めた西谷浩一が「2年前のチームと比べる(高い評価をするのは)と、少し可哀そうかもしれない」という言葉に集約されている。

 ただ、こういう時にこそ、スカウトの眼力がモノをいう。
 長年、ドラフトを見ているものとしては、誰でも大豊作とわかるドラフトより、今年のようなスカウティング力が問われる時のほうが楽しみは多いものだ。

 では、今年の候補選手について、U-18日本代表メンバーを中心に見ていこう。

 西谷氏の言葉がありながら、今年の高校生が充実しているように思えるのは、規格外の選手の存在が大きい。

 オコエ瑠偉選手(関東一)である。
 甲子園の2回戦・高岡商戦で記録した三塁打到達タイム10.39秒は、スピードスターの域を超える。一塁まで4.3秒で到達すれば俊足といわれているだけに、この数字がどれほど驚異的かおわかりいただけるだろう。3回戦の中京大中京戦では二死満塁で、左中間の打球を好プレー。準々決勝の興南戦では決勝2点本塁打を放った。大舞台で映える姿に魅了されたスカウトも多い。

 また、取材時の受け答えもプロ野球選手を取材しているのかと錯覚に陥るくらいの言葉力がある。自身の考えを言葉にでき、「スター」の器を持っている選手といえる。

 課題は誰もが指摘するバッティング面だが、これについては日本ハムの大渕隆スカウトディレクターが「彼くらいの選手を日本の野球界は育てないといけない。(バッティングが)課題と言われますが、オコエの力を伸ばすことができる。俺に彼を見させてくれというコーチがむしろ出てこなければいけない」と話している。

 彼を育てられないようでは、日本の指導者に問題ありだ。

 次に評価を集めているのが仙台育英のショートストップ・平沢大河選手。
 インパクトで力強くスイングできる打棒は圧巻。甲子園で3本塁打を放つなど、高校生の内野手ではトップ評価である。課題を挙げるとすると、凡打で全力疾走を怠るなど、プレーの中で一喜一憂が多いところだろう。重要なポジションは任せにくい。最近のプロの二塁手は山田哲人(ヤクルト)菊池涼介(広島)らの存在で脚光を浴びている。二塁手も一つの手かもしれない。

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro





@