データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「キャッチャーの醍醐味が日本プロ野球に」ケビン安藤が巨人、広島の入団テストを受ける理由

アメリカで生まれ育った18歳の若き日本人選手が、10日に来日した。目的はプロ野球の入団テストを受けるためだ。退路を断って、なぜ日本を選択したのか。その想いとは――。

2015/09/12

text By

photo

写真提供/安藤美枝

タグ: , , , , , ,



安藤ケビン6

長谷川滋利氏が運営するトラベルチームでもプレー

 あいにくの雨に見舞われた羽田空港に10日未明に降り立ち、広島行きの国内便を乗り継ぐまでの短い時間に、ケビンは熱い思いともうひとつ、先駆者としての使命感を口にしている。

「やっぱり絶対に日本で、あの盛り上がった雰囲気のなかでプレーしたい気持ちがすごく強い。実際に入団して結果を出して、一軍に上がって活躍すれば、僕のようにアメリカで生まれ育ち、野球をやっている日本人の子どもたちにとって、『こういう道もある』と示すロールモデルになれると思っています」

 ケビンのサイズは176cm、83kg。日本人の平均をやや上回るボディに搭載されたストロングポイントを、バッティング以上に「リードを含めたインサイドワークにある」と自己分析している。

 実はアメリカの高校や大学では、ピッチャーへのサインを出すのはベンチの監督というチームがほとんどを占める。必然的にキャッチャーはボールを受けるだけの存在になる。

 翻って、希にオンエアされる試合中継を見ると、日本のプロ野球はキャッチャーが相手打者やベンチと虚々実々の駆け引きを演じている。ケビンが日本球界に憧れる理由がここにもある。

「たとえばノーアウトでランナーが二塁にいる場面。バッターの仕事は何かと言えば、右方向へゴロを打ってランナーを進めること。だとすれば、右バッターに対して三塁方向へ打たせるにはどうしたらいいかということを、小さなころから常に考えていました。自分としては、バッターの心理を読むのがうまいと思っています」

 日本と異なり、アメリカの高校野球は活動期間が限られる。ケビンはシーズンオフになると、元メジャーリーガーの長谷川滋利氏が運営するトラベルチームでプレーしたこともある。
 トラベルチームとは遠征を繰り返すクラブチームのひとつ。ヘッドコーチが所要で不在のときは長谷川氏が指揮を執ることがあり、その際にはピッチャーへのサインをケビンに出させたという。
 そのときのやり取りを、美枝さんが振り返る。

「長谷川さんから『賢いやり方だ』とほめられて、余計にキャッチャーというポジションが楽しくなったのではないでしょうか」

スポンサードリンク

1 2

shiro





@