データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大事な試合で快投を披露した千賀。「ゼロに抑えることだけを考えていった」

2017/03/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド・プールEのイスラエル戦で大会初先発となった千賀滉大。
 
 先発・中継ぎ両方の経験がある右腕は、当初は中継ぎで活躍していた。 しかし、石川、菅野に続く3人目の先発候補の武田、則本、藤浪の投球内容が不安定であったため、急きょ千賀に白羽の矢が立った。
 
 海外でも評価が上がり始めている千賀は、マイナーリーガーやメジャー経験者が集うイスラエル相手に快投を披露。球威ある直球、キレのある変化球で5回まで被安打1で無失点という内容で先発の役割を完璧に果たし、チームを勝利に導く大きな一因となった。
 
 2次ラウンド突破がかかる大事な試合だったが、強心臓ぶりは先発マウンドでも発揮されたようだ。
 
「余計なことを考えても良くない方向に行くので、ゼロに抑えることだけを考えていった」
 
 15日の先発登板を含め、3試合で無失点と安定感を見せており、千賀本人の求める”ゼロで抑える”という結果をしっかりと残し続けている。
 
「ゼロに抑えてマウンドに上がることしかできない。。そこをしっかり意思をもってやるだけ」
 
 準決勝以降、並み居るメジャーリーガーに対し、どのような投球を見せるだろうか。
 24歳の若き右腕の活躍から、目が離せない。