データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・2回】侍打線、またも好機活かせず…。好投の千賀のためにも先制点が待たれる

2017/03/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 千賀は2回も好投を見せた。4番フレイマンを右飛、5番ボレンステインを二ゴロ、6番ラバンウエーの打席では落ちる球の制球に苦しみフルカウントから四球を与える。しかし、7番ガイレンを三飛に打ち取りこの回も無失点に抑えた。
 
 裏の攻撃では、侍打線が再びチャンスを作った。
 5番内川は四球で出塁し、6番坂本は右前に安打を放ち無死1・2塁と初回に引き続きチャンスを作る。7番鈴木は遊ゴロに倒れた間に内川が進塁し一死1・3塁とチャンスを広げるも、8番松田は一飛に倒れてしまう。続く9番小林の打席では、鈴木が盗塁を決め二死2・3塁とする。しかし、小林は153キロの速球で見逃し三振に倒れてしまい、この回もチャンスを活かすことが出来なかった。
 
侍ジャパン 0-0 イスラエル
 
投手リレー
【侍ジャパン】
千賀 24球
【イスラエル】
ゼイド 38球
 
本塁打
【侍ジャパン】
【キューバ】
 
バッテリー
【侍ジャパン】
千賀-小林
【イスラエル】
ゼイド-ラバンウエー