データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



復活を果たした2本塁打の山田「1番バッターとして最高のスタートが切れた」

2017/03/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 侍ジャパンは14日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド・プールEのキューバ代表との試合を8-5で制した。
 
 幾度となくリードを奪われるも、その都度同点に追いつく粘り強さを見せ、最後は8回に内川聖一外野手(ソフトバンク)の犠飛と山田哲人内野手(ヤクルト)のこの日2本目となる本塁打で試合を決めた。
 
 ここまで不調に苦しんでいたが、1番に戻り、2本塁打と打棒が爆発した山田がヒーローインタビューに登場した。
 
 山田は初回の先頭打者HRについて「1番バッターとして最高のスタートが切れたので、チームも勢いに乗れたと思う」とコメントした。
 
 また、8回の勝ち越し本塁打については「勝ち越したあとスライダー1本に絞ってスイングしたので、最高の結果で本当に良かった」と、自身の狙いが的中した形となったようだ。
 
 そして、残り3勝と現実味を帯びてきた世界一も視野に入ってきたようだ。
 
「世界一を目指してます!けど、まずは目の前の相手を倒します!」
 
ようやく復調を果たした山田。これからの死闘には、この日本を代表する若き大砲の活躍が欠かせなくなってくることだろう。
 
 また、お立ち台には決勝点となる犠飛を放った内川も登場した。
 
「誠司が2本打っていたので、監督も相当迷ったのではないかと思っていた。2本打ったバッターに代打が出るということは相当な覚悟がないと。いつも以上に緊張して(打席に)入りました」
 
 しかし、安打製造機は犠飛という結果に満足していない。
「欲を言えばヒットで返せればよかった。犠牲フライでこのヒーローインタビューの場に上がるのは申し訳ない。個人的なことは個人的に返せばいいが、やっぱり侍ジャパンとして世界一を目指して戦うんだってことでスタートしているので、その一員としてチームの力になれるよう頑張ります」
 
 代打1番手として活躍する男は、今後もチームの勝利へ向けて邁進してくれることだろう。