データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・4回】青木の好守もありキューバ中軸を三者凡退。山田の二塁打で再び勝ち越し

2017/03/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 4番デスパイネを二ゴロ、5番サーベドラはあわやセンターオーバーの良い当たりを放つも、中堅・青木の好守で中飛に打ち取る。6番グラシアルは左直に倒れた。
 1次ラウンドには65球の球数制限があるため、石川はこの回での降板が予想される。
 
 7番鈴木は右飛に倒れるも、8番松田は2打席連続となるセンター返しの安打を放つ。9番小林は初球で犠打を決め、2死二塁とチャンスを作る。そして、1番山田はレフトに大飛球を放つ。一度は本塁打の判定となるも、ビデオ判定の結果二塁打となり、1点を勝ち越す。そして、2番菊池は三ゴロを放ち凡退に終わると思われたが、三塁グラシアルの悪送球で出塁。3番青木は左中間へ大きなフライを放つも、中堅・サントスのスライディングキャッチに阻まれ、中飛に倒れた。
 
 しかし、この回は山田の二塁打で1点の勝ち越すことに成功した。
 
侍 2-1 キューバ
 
【侍】
石川 58球
 
【キューバ】
エンテンザ 43球
イエラ 36球
 
バッテリー
 
【侍】
石川-小林
 
【キューバ】
エンテンザ、イエラ-モレホン