データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍J、オリックスに辛勝。中継ぎ陣は失点を最小限に抑え、9回2アウトの土壇場で勝ち越し

2017/03/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 侍ジャパンは5日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)前最後の強化試合となるオリックス戦に臨み、3対5で勝利を収めた。
 
 今回は、これまで3番で起用していた巨人・坂本を6番、アストロズ・青木を3番、ヤクルト・山田を1番起用と、初めて中軸を動かしたオーダーを組んだ。
 しかし、オリックスの若手右腕をなかなか捉えることが出来ず、得点は2回の鈴木誠也の3ラン本塁打による3得点のみに留まっていた。
 2回から7回途中まで16打席連続アウトを記録するなど、阪神戦に引き続き淡白な攻撃が目立ってしまっていた。
 
 しかし、9回にオリックスの新助っ人・ウエストを攻める。
 
 平田の安打、鈴木の四球を皮切りに、チャンスを作り、秋山が右越えの適時三塁打を放つ。カーブを捉えた会心の当たりは、暗くなっていたベンチを盛り上げる、得点以上の価値がある一打となった。激化する外野手争いで、存在感を見せた。
 
 また、右ふくらはぎの張りで辞退を発表した楽天・嶋の代わりに召集された西武・炭谷が7回の守備から途中出場した。9回には打席に立つも、二ゴロに倒れた。
 
 一方、先発の藤浪は初回に制球を乱し、また自らの失策もあり、無安打で先制点を許した。
 2回は三者凡退に抑え、本来の調子を取り戻したが立ち上がりに不安を残す登板となった。
 
 中継ぎ陣は、オリックス・平野と楽天・松井、ソフトバンク・千賀の好投が光った。
 特に、松井は三者連続三振を奪い、本来の持ち味を十分に発揮した。
 松井、千賀はこれまでの強化試合で制球を乱し、失点をする場面が見られたが、本戦に向け調整が順調のようだ。
 
 また、今日は松井、岡田、宮西といった左腕投手が本番を想定し、イニング途中で登板する場面も見られた。
 9回の秋吉も好投を見せ、ブルペン陣の状態が上がってきているだけに、先発陣の復調が今後のカギとなりそうだ。
 
 本試合で強化試合がすべて終了し、いよいよWBC1次ラウンドを迎える侍ジャパン。
 3月7日(火) 19:00 東京ドームでのキューバ戦が初陣となる。
 

【オリックス】
金子 12球
近藤大 48球
澤田 37球
ウエスト 26球
 
【侍】
藤浪 34球
平野 12球
岡田 19球
増井 17球
松井 12球
千賀 22球
宮西 11球
秋吉 14球
 
本塁打

侍 鈴木(2回3ラン)
 
バッテリー
【オリックス】
金子千尋、近藤大、澤田、ウエスト-若月
 
【侍ジャパン】
藤浪、平野、岡田、増井、松井、千賀、宮西、秋吉-小林、炭谷

スポンサードリンク