データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・2回】広島・鈴木、重苦しい雰囲気を跳ねのける逆転3ラン!藤浪も無失点に抑え、試合をひっくり返す

2017/03/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 2回から、オリックスのマウンドには近藤大亮が上がった。
 1回は金子の前に無得点に終わったが、2回は打線がつながり逆転に成功する。
 
 まず、先頭の5番中田が右前に安打を放つと、6番坂本が初球を叩き、左中間を破る二塁打で続く。そして、7番鈴木が2球目の速球を捉え、左中間に逆転3ラン本塁打を放ち、試合をひっくり返した。その後、8番田中、9番小林、1番山田は凡退に倒れたが、この回は”神ってる男”鈴木誠也の値千金の本塁打で逆転に成功した。
 
 味方の援護をもらった藤浪は、2回は調子を取り戻し安定した投球を見せた。
 初回の制球難から脱却し、球威ある速球、武器のカットボールなどを活かし、8番若月を中飛、9番駿太を二ゴロ、1番西野を中飛と三者凡退に抑えた。
 
【オリックス】
金子 12球
近藤大 15球
 
【侍】
藤浪 34球
 
本塁打

侍 鈴木(2回3ラン)
 
バッテリー
【オリックス】
金子千尋、近藤大-若月
 
【侍ジャパン】
藤浪-小林