データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・7回】中田が目覚めのソロアーチ! 侍ジャパン反撃なるか

2017/03/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 先頭の3番・坂本はこの回から登板しているメンデスの2球目を捉えるも二直。4番・筒香はフルカウントから空振り三振。しかし、続く5番・中田が高めのスライダーを捉え、左翼スタンドのポール際に本塁打を打ち込み1点を返す。そして、続く6番・山田も左中間へ二塁打を放つが、チャンスで7番・鈴木が三ゴロに打ち取られ、1点止まり。しかし、淡白な打撃が続いていた侍ジャパンの目を覚ます可能性を秘めた中田の代表通算6号となった。
 
 一方で、侍ジャパンは増井に代わり、松井裕樹がマウンドに上がる。先頭の8番・梅野を二ゴロに打ち取るも、9番・代打の江越には三安打を打たれ、走者を許す。しかし、1番・北條の打席で盗塁を試みた江越を小林は正確な送球で刺し、二死とするが、制球が定まらない松井は北條に四球を許し、二死で再び一塁。2番・高山をスライダーで三振に切って取り、7回裏をゼロで抑えた。8回・9回の侍ジャパンの反撃を期待する。
 
スコア
7回裏終了 阪神タイガース 3-1 侍ジャパン
 
【阪神】
 メッセンジャー 35球
岩貞 48球
メンデス 19球
 
【侍】
  武田 53球
牧田 21球
平野 14球
増井 11球
松井 18球
 
本塁打

侍 中田(7回表ソロ)
 
バッテリー
メッセンジャー、岩貞、メンデス – 梅野
武田、牧田、平野、増井、松井 – 小林