データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】野球・ドミニカ代表、韓国相手に2点リードで5回終了 元巨人・フランシスコが勝ち越し2ラン【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/08/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<東京五輪 野球競技 ノックアウトステージ ドミニカ ー 韓国>(1日、横浜スタジアム)
 

 
 東京五輪(東京オリンピック)・野球競技5日目が1日、横浜スタジアムで行われ、第2試合でドミニカ代表と韓国代表が対戦。

 先攻のドミニカは初回、1番エミリオ・ボニファシオ、2番メルキー・カブレラの連打で無死一、三塁とすると、次打者の打席間で、韓国先発イ・ウィリがワイルドピッチ。相手バッテリーのミスも重なり、いきなり先制点を挙げた。一方の韓国もその裏、ドミニカ先発ラウル・バルデスに対して無死満塁の絶好機を作り、4番ヤン・ウィジの犠飛ですぐさま同点に追いついた。
 
 その後は両先発が立ち直りを見せたが、ドミニカが勝ち越しに成功する。4回、無死一塁から4番ホアン・フランシスコの2ラン本塁打が飛び出した。試合は5回を終了し、3-1でドミニカ2点リードの展開となっている。
 
2020東京五輪野球競技<出場国代表選手一覧、試合日程・会場・トーナメント表>






  • 記者募集