データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】女子ソフトボール・カナダ代表が銅メダル獲得 3位決定戦でメキシコとの激戦制す【東京五輪(東京オリンピック)】

2021/07/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 東京五輪(東京オリンピック)・女子ソフトボール競技6日目が27日、横浜スタジアムで行われ、3位決定戦でカナダ代表とメキシコ代表が対戦。カナダ代表が3-2で勝利し、銅メダルを獲得した。
 

 
 カナダはジェンナ・カイラ投手、メキシコはダニエエ・オトゥール投手の両先発で始まった3位決定戦。試合が動いたのは、2回だった。カナダは相手のフィルダースチョイスも重なって2死二、三塁のチャンスを作り、8番エマ・エンツミンガー内野手の2点適時打で先制に成功した。

 しかし、メキシコもすぐさま反撃。3回、2死二塁から5番スサンナ・ブロークシレ外野手の適時打で1点を返すと、さらに5回には、2番手サラ・グロンウェゲン投手に対して再びブロークシレの適時打が飛び出し、試合を振り出しに戻した。
 
 追いつかれたカナダだったが、直後の5回裏、連続安打と犠打で1死二、三塁とし、3番ケルシー・ハーシュマン内野手の犠飛で勝ち越した。

 1点差のまま迎えた最終回、後がないメキシコは、カナダの3番手ダニエル・ローリー投手を打ち崩せず、激戦の決着がついた。
 
【東京五輪】日本代表女子ソフトボール 出場選手一覧 出場国 試合日程 テレビ放送予定 試合結果 組み合わせ表






  • 記者募集