データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019

野球日本代表、カナダ戦&プレミア12の出場選手を発表 巨人・中川皓太らがトップチーム初選出【侍ジャパン2019メンバー一覧】

2019/10/02

 野球日本代表「侍ジャパン」とカナダ代表の強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」(10月31日、11月1日・沖縄セルラースタジアム那覇)及び、「第2回WBSCプレミア12」(11月2~17日)に出場するメンバーが発表された。    今回のカナダ戦とプレミア12が2020年東京五輪に向けた最後の戦いとなる侍ジャパン。これまでにも選出経験のある選手たちに加え、リリーフ左腕の中川皓太投手(読売ジャイアンツ)と周東佑京内野手(福岡ソフトバンクホークス)が新たに加わった。    出場する28人は以下のとおり。   ■投手 岸孝之(楽天) 山岡泰輔(オリックス) ... 続きを見る


侍J快勝に4番・吉田正あり!「またプレーしたい」 満塁弾含む5打点の大活躍を指揮官も絶賛

2019/03/10

投手陣は7人が圧巻の無四球完封リレー 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦が10日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦した野球日本代表「侍ジャパン」が6-0で勝利。対戦成績を1勝1敗としてシリーズを終えた。    侍ジャパンは初回、満塁のチャンスでこの日4番に抜擢された吉田正尚外野手が右翼スタンドへ満塁本塁打を放ち、さらに田村龍弘捕手のタイムリー安打でいきなり5点の先制に成功した。2回以降は両チームとも無得点のイニングが続き緊迫した展開となったが、終盤の7回に侍ジャパンが吉田の犠飛によって待望の追加点を挙げて6-0とリードを広げた。    投げては、先 ... 続きを見る


侍ジャパン、メキシコに雪辱の零封勝ち 4番吉田正が5打点、吉川尚が2安打&好守連発

2019/03/10

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦が10日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦した野球日本代表「侍ジャパン」が6-0で勝利。対戦成績を1勝1敗としてシリーズを終えた。    第1戦で逆転負けを喫している侍ジャパンは初回、満塁のチャンスでこの日4番に抜擢された吉田正尚外野手が右翼スタンド最前列へ飛び込む満塁本塁打を放ち、いきなり4点を先制。さらにチャンスを作って田村龍弘捕手のタイムリー安打で1点を追加し、初回に5-0と大きなリードを奪った。    侍ジャパン先発・原樹理投手の2回無失点の好投もあって2回、3回は両軍無得点。4回は3回から2番手で登板して ... 続きを見る


侍ジャパン、4番抜擢の吉田正が先制満塁弾! 巨人・吉川尚も初回から攻守に躍動

2019/03/10

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦が10日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」が初回に吉田正尚外野手の満塁本塁打などで5点を先制した。    前日に8安打を放ちながら2得点に終わりメキシコ代表に2-4で敗れた侍ジャパン。第2戦で雪辱を期したいところだ。    後攻の侍ジャパンは初回、先発の原樹理投手が前日4安打を放ったジョーイ・メネセス外野手を中飛に打ち取るなど無失点の立ち上がりを見せる。    そして攻撃では、メキシコ代表の先発マヌエル・バレダ投手から先頭の吉川が中前安打で出塁すると、すかさず2球目に盗塁 ... 続きを見る


侍ジャパン、巨人吉川&阪神大山がスタメン抜擢 前日の雪辱期すメキシコ戦第2戦

2019/03/10

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦(10日、京セラドーム大阪)のスターティングメンバ―が発表された。野球日本代表「侍ジャパン」は、吉川尚輝内野手や大山悠輔内野手などを起用するなど第1戦から大きく変えている。    前日の第1戦を逆転負けで落とした世界ランキング1位の侍ジャパン。同ランク6位のメキシコ代表とは同じ8安打ながら、好機での凡打や走塁ミスなどで明暗が分かれた。この日は、投手力も含めた課題を修正していきたいところだ。    第2戦の先発マウンドは東京ヤクルトスワローズのプロ4年目、原樹理投手が務める。そして打線は4番に吉田正尚外野手が入り、前日3安打の上 ... 続きを見る


侍ジャパン、最後は走塁ミス…第1戦逆転負け メキシコ代表はメネセスが3二塁打含む4安打

2019/03/09

上林が3安打、初選出の19歳村上も1安打 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」が2-4で逆転負けを喫した。    侍ジャパンは吉田正尚外野手と甲斐拓也捕手のタイムリー安打で5回までに2-0とリードしていたが、6回に3番手の高橋礼投手がルイス・フアレス内野手に右前タイムリー安打を浴びて1点を返される。    そして続く7回は4番手の松永昂大投手が1死一塁からアリ・ソリス捕手に同点タイムリー二塁打を打たれると、なおも続くピンチでクリス・ロバーソン外野手にも左翼線へタイムリー二塁打を ... 続きを見る


メキシコ代表が反撃!メネセスの3安打目から連打 侍ジャパンは3番手の高橋礼が失点

2019/03/09

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」は2点リードの6回にタイムリー安打を浴びて1点を返された。    侍ジャパンは初回、5番・吉田正尚外野手のタイムリー安打で1点を先制すると、1点リードのまま迎えた4回に甲斐拓也捕手がタイムリー安打を放って1点を追加し2-0とした。    6回は1死から「7番・三塁」で先発起用された19歳の村上宗隆内野手が代表初安打となる中前安打。しかし、後続が併殺に倒れて得点に繋げることはできなかった。    投げては先発の今永昇太投手が初回の3者 ... 続きを見る


侍ジャパン、守りの要・甲斐がバットで魅せた! 巧く右前へ運び待望の追加点挙げる

2019/03/09

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表と対戦している野球日本代表「侍ジャパン」が、4回に待望の追加点を挙げて2-0とリードを広げた。    侍ジャパンは初回、5番・吉田正尚外野手のタイムリー安打で1点を先制すると、先発登板の今永昇太投手も3者連続三振と完璧な立ち上がりを見せる。2回は両チームとも無得点。続く3回は2死二塁のチャンスで4番の岡本和真内野手に回ってきたが、空振り三振に倒れ追加点とはならなかった。    投げては今永が2回無失点とすると、3回からマウンドに登った山岡泰輔投手が引き続きメキシコ打線に隙を見せず、 ... 続きを見る


侍ジャパン、初選出の5番吉田が初回に先制タイムリー! 好機で併殺打も流れ途絶えず

2019/03/09

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦が9日、京セラドーム大阪で行われ、メキシコ代表を相手に野球日本代表「侍ジャパン」が初回に吉田正尚外野手のタイムリー安打で1点を先制した。    侍ジャパンは4番に22歳の岡本和真内野手、7番に19歳の村上宗隆内野手を起用するなど期待の若手選手を多くスタメンに置き抜擢し、「世界野球プレミア12」「東京五輪」へ向けた前哨戦・メキシコ戦を迎えた。    初回、メキシコ代表の先発ルイス・メンドーサ投手に対して、侍ジャパンは先頭の上林誠知外野手、西川遥輝外野手が出塁していきなり無死一、二塁のチャンスを迎える。    しかし3番 ... 続きを見る


侍ジャパン、4番岡本&7番村上で19年初陣へ! メキシコ戦第1戦のスタメン発表

2019/03/09

先発マウンドは今永!SB甲斐とバッテリー 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第1戦(9日、京セラドーム大阪)のスターティングメンバ―が発表された。野球日本代表「侍ジャパン」は、4番に岡本和真内野手(巨人)を据え、2年目19歳の村上宗隆内野手(ヤクルト)も名を連ねて初陣に臨む。    今年11月に開催する「世界野球プレミア12」、そして来年の「東京五輪」へ向けた前哨戦となる「侍ジャパンシリーズ」。世界ランキング1位の日本代表の侍ジャパンは、同6位のメキシコ代表と2日間にわたって対戦する。    第1戦、侍ジャパンは4番に岡本和真内野手を「4番・一塁」、ヤクルトの2年目 ... 続きを見る