データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス・吉田正尚、延長戦の末にホームランダービー優勝! 岡本和真、村上宗隆、山川穂高との激闘制す

2021/07/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2021」第2戦(17日・楽天生命パーク宮城)に先立ち、ホームランダービー(本塁打競争)2日目が開催。オリックス・バファローズの吉田正尚外野手が今年の“ホームランキング”に輝いた。
 

 
 2年ぶりの開催となった今年のホームランダービーも、8選手(セ・パ両リーグ4選手ずつ)がファン投票で選出。持ち時間は2分間、トーナメント方式で優勝者を決定する。
 
 この日は、第4試合としてパシフィック・リーグの吉田正尚外野手(オリックス・バファローズ)とセントラル・リーグの岡本和真内野手(読売ジャイアンツ)が対戦。先攻の吉田正のバッティングピッチャーは、栗原陵矢捕手(福岡ソフトバンクホークス)が務め、前半から数字を伸ばして7本塁打。プレッシャーをかけられた後攻の岡本は、ファーストスイングから2連続スタンドインなど広角に運んだが、惜しくも5本となり、吉田正に軍配が上がった。
 
 続く第5試合は、パ・リーグから柳田悠岐外野手(福岡ソフトバンクホークス)とセ・リーグから村上宗隆内野手(東京ヤクルトスワローズ)が登場。先攻の柳田は、チームメイトの松田宣浩内野手が投げる球に対し、高い放物線を描いて5本塁打。後攻の村上は、軽いスイングながらハイペースでスタンドに運び、30秒を切ったところで柳田を上回り、村上が準決勝に駒を進めた。
 
 第6試合の準決勝の対戦カードは、吉田正VS村上。先攻の吉田正は、死球のアクシデントもあったが、6本の好数字。後攻の村上も、後半に追い上げを見せ、弾丸ライナーの一発などパワーを示したが、1本差で及ばず。吉田正が決勝進出を決めた。
 
 迎えた第7試合の決勝では、1日目を勝ち上がった山川穂高内野手(埼玉西武ライオンズ)VS吉田正。先攻の山川は、チームメイトの源田壮亮内野手が投げる球に対し、後半に数字を伸ばし、4本塁打。後攻の吉田正は、2試合を戦った疲れもやや見られたが、4本で並び、1分間の延長戦に突入した。山川は、1分間で同じく4本を積み重ね、計8本塁打。対する吉田正は、驚愕の5本をスタンドに運び、優勝を決めた。
 
<第4試合 吉田正尚(オリックス) 7-5 岡本和真(巨人)>
<第5試合 柳田悠岐(ソフトバンク) 5-6 村上宗隆(ヤクルト)>
<第6試合 吉田正尚(オリックス) 6-5 村上宗隆(ヤクルト)>
<第7試合 山川穂高(西武) 8-9 吉田正尚(オリックス)>
 
【結果速報】優勝者は誰に…? NPBホームランダービー2021対戦成績(1回戦・準決勝・決勝戦)【本塁打競争】【プロ野球オールスターゲーム2021】
【本塁打競争】プロ野球ホームランダービー2021 組み合わせトーナメント表・日程、ルール、出場選手、賞金品一覧【NPBオールスターゲーム2021】






  • 記者募集