プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



西武ドームで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング1〜5位【プロ野球通算成績】

2022/02/26

text By

photo

産経新聞社



1位:中村剛也 201本塁打(西武201本)


 
 トップに立ったのは、球界随一の“ホームランアーチスト”中村剛也だ。
 
 中村は、大阪桐蔭高から2001年ドラフト2巡目で西武に入団。4年目の05年に三塁のレギュラー格として台頭し、22本塁打をマークした。
 
 06、07年は成績を落としたが、08年にホームランバッターとして大きく飛躍。同年は打率.244ながら46本塁打を放ち、初の最多本塁打を受賞すると、翌09年には打率.285、自己最多タイの48本塁打、122打点の成績で2年連続最多本塁打と最多打点の打撃2冠に輝いた。その後も持ち味の長打力を遺憾なく発揮し、2021年までの20シーズンで最多本塁打6度(2008、09、11、12、14、15年)、最多打点4度(2009、11、15、19年)受賞。ベテランとなった現在も、チームの重要戦力として活躍を続けている。

 2021年終了時点の通算成績は、1866試合に出場し、打率.256、1644安打、442本塁打、1271打点、26盗塁となっている。

1 2 3 4 5 6