データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



甲子園球場で最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング6〜9位【プロ野球通算成績】

2021/06/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2021シーズンのプロ野球は、5月25日からセ・パ交流戦へと突入した。セ・リーグは、阪神甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースが首位を快走。パ・リーグは混戦の模様となっている。
 

 
 ここでは、球場別の個人成績にフォーカスし、通算勝利、通算本塁打をランキング形式で振り返っていく。今回は阪神甲子園球場・通算本塁打編(2020年終了時点)。
 
■球場情報:甲子園
正式球場名:阪神甲子園球場
開場年月:1924年8月
球場の広さ:両翼95m、中堅118m(現在の広さ)
公式戦初開催:1936年4月29日 大東京-名古屋
公式戦試合数:5386試合
本塁打数:6541本
 
 9位から6位には、巨人一筋の現役生活を送った王貞治もランクイン。メジャーにも挑戦したSHINJO(新庄剛志)や、“史上最強助っ人”ランディ・バースらも入った。

 6位のバースは、1985、86年の2年連続三冠王や、3番バース、4番掛布雅之、5番岡田彰布のバックスクリーン3連発など数々の伝説を残し、最優秀選手にも輝いた85年には、チームを日本一に導いた。NPB通算202本塁打のうち91本を本拠地・甲子園球場で記録していた。
 
 9位から6位の選手は、以下の通り。
 
9位タイ SHINJO(新庄剛志) 63本塁打(阪神61本、日本ハム2本)
 
9位タイ 佐野仙好 63本塁打(阪神63本)
 
8位 藤田平 64本塁打(阪神64本)
 
7位 王貞治 66本塁打(巨人66本)
 
6位 ランディ・バース 91本塁打(阪神91本)
 
1〜5位はこちら






  • 記者募集