データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



いち早くファンに体感してほしい――完成した新「メインゲート」はボールパークの“巨大な玄関”

2021/03/07

text By

photo

埼玉西武ライオンズ

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは7日、「西武ライオンズ40周年記念事業 メットライフドームエリア改修計画」について、新しく登場した新「メインゲート」の詳細を伝えている。
 

 
 メットライフドームの象徴の1つともいえた一、三塁側入場ゲートが撤廃され、早4カ月。元あった場所からさらに西武球場前駅よりに、横幅59.6メートル、高さ5.54メートル(※サインを含む高さは7.86メートル)、そして30レーンを誇る巨大ゲートが登場した。
 
 ファンの多くは西武鉄道に乗り、西武球場前駅から球場に向かうが、これからは改札を出れば圧巻の巨大な玄関がファンを出迎えすることになる。メインゲートの屋根部分には「Saitama Seibu Lions」の文字が堂々と踊り、久しぶりにメットライフドームに訪れたファンは、雰囲気の変わりよう、そして3年がかりの改修工事が終わったことを実感するだろう。
 
 このメインゲートが西武球場前にグッと近づいたことにより、メットライフドーム場内はより広く、そして解放感を覚える空間へと生まれ変わった。
 
 メインゲートを潜れば、そこはまさにボールパークそのもの。一、三塁側を行き来することも可能で、三塁側に進めば、5.5メートルのローラースライダーが売りの「テイキョウキッズフィールド」、さらに奥に進めば、新しいフードエリアが出現する。逆に一塁側に進めば、そこにはルーキーたちによってラッピングされたばかりの「L‐train 101」が線路の上に鎮座している。さらに傾斜を登っていければ、そこには真新しいスタジアムが登場する、というわけだ。
 
 いち早く、新ボールパークをファンに体感してほしい――。
 
 メットライフドームのメインゲートもその日を待ちわびるかのように、ファンを迎えるその時を楽しみにしているように見えた。
 
〇広報部員コメント
ここ1カ月、キャンプ帯同などのため、宮崎と高知を2往復するなど暫くメットライフドームに行くことができず球場の変化を体感することができなかったのですが、このメインゲートの姿を見て、本当に驚くばかりです。まさに、新しい球場に来たような、そんな気持ちにさえなりました。ファンの皆さまはきっと、様々な想いでこのメインゲートを潜ると思います。ただ、その先で、新しい感動や夢に出会っていただけるのではないかと信じております。






  • 記者募集