データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人、桑田真澄氏の一軍投手チーフコーチ補佐就任を発表 「OBの一人として力になりたい」、背番号は「73」

2021/01/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



15年ぶり”古巣復帰” 原監督は「力を出してほしい」

 読売ジャイアンツは12日、桑田真澄氏の一軍投手チーフコーチ補佐就任を発表した。背番号は「73」を着用する。
 

 
 桑田氏は、PL学園高から1985年ドラフト1位で巨人に入団。高卒1年目から頭角を表すと、2年目の1987年には最優秀防御率、沢村栄治賞などに輝く活躍を見せた。以降もエース格としてチームを牽引。2007年にメジャーリーグに挑戦するまで21年間在籍し、数々のタイトルを受賞した。
 

 引退後は早稲田大、東京大の大学院で知見を深めた他、野球解説者として活動する傍ら東京大野球部の特別コーチなどを歴任した。
 

 桑田氏は球団を通じて、「やりがいのある話をいただき、OBの一人として力になりたいと思い、お受けしました。またジャイアンツのユニホームを着られることになり、『うれしい』の一言に尽きます。すべての投手にチャンスがあり、その潜在能力を最大限引き出せるような指導をしていきたいと思います」とコメント。
 

 原辰徳監督は同じく球団を通じて、「12月28日にオーナーに(桑田コーチ招請の)話をして、賛成を得ました。1月5日に本人と会って思いを伝えたところ、迷いなく話を聞いてくれました。私の方から、こういうふうにしてくれというような注文はありません。チームを強くするという目的のために力を出してほしいと思います」と期待を寄せた。
 
 
【表】2020-2021年プロ野球12球団監督・コーチ人事一覧<就任、退任、契約延長、配置変更>






  • 記者募集