データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中日が前阪神の福留孝介を獲得 14年ぶりの古巣復帰「嬉しく思います」、背番号は「9」 前楽天の山下斐紹は育成選手として獲得予定 背番号は「209」

2020/12/14

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 中日ドラゴンズは12日、阪神タイガースを自由契約となっていた福留孝介外野手を獲得することが決定したと発表した。また、東北楽天ゴールデンイーグルスを自由契約となっていた山下斐紹捕手を育成選手として獲得すること予定であることも併せて発表した。背番号は福留が「9」、山下が「209」となる。
 

 
 福留は、日本生命から1998年ドラフト1位で中日を逆指名して入団。9年間で最高出塁率3回、首位打者2回、MVP1回など数々の実績を残してメジャーリーグに挑戦した。帰国後は阪神で8年間プレー。中軸として活躍していたが、今季は43試合出場で打率.154、1本塁打となっていた。
 
 14年ぶりの古巣復帰となった福留は、球団を通じて「ユニホームを着させていただくことができ、嬉しく思います。いただいたチャンスを活かし、自分のできることを精一杯やっていきたいです。」と抱負を述べた。
 
 山下は、習志野高から2010年ドラフト1位で福岡ソフトバンクホークスに入団。2013年に一軍デビューを飾ったが、その後は期待に応えることができず、2017年オフに楽天にトレード移籍となった。楽天では、移籍初年度の2018年に自己最多の43試合に出場するなど出番を増やし、パンチ力ある打撃も見せたが、今季は8試合の出場にとどまっていた。
 
 山下は球団を通じて「この度、中日ドラゴンズにお世話になることになりました。まだ野球ができることに感謝して、優勝のピースになれるように全力で頑張りますので応援よろしくお願いします。」とコメントした。
 
 
2020-2021年プロ野球12球団現役引退、戦力外通告、自由契約、退団選手一覧



  • 記者募集