データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンクが4連覇達成! 2年連続4連勝、日本シリーズ12連勝で有終の美を飾る【日本シリーズ2020速報】

2020/11/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2020」第4戦(7回戦制)が25日、ソフトバンクの本拠地・福岡PayPayドームで行われ、4-1でソフトバンクが4連勝を飾り、4年連続の日本一に輝いた。
 

 
 打線を大幅に入れ替えた巨人は初回、「1番・右翼」でスタメンに抜擢された若林晃弘内野手がいきなり右中間への二塁打でチャンスメイク。続く2番起用の坂本勇人内野手は、左中間フェンス直撃の適時二塁打を放ち、先制点を挙げた。続くチャンスで追加点とはならなかったが、6番・中島宏之内野手が粘りを見せるなどソフトバンク先発・和田毅投手に初回から35球を投げさせた。
 
 しかし、ソフトバンクは動じない。直後の1回裏に1死から2番・中村晃外野手がライト戦への二塁打で出塁すると、3番・柳田悠岐外野手は打った瞬間にわかる右翼スタンドへの2ラン本塁打を放ち、すぐさま逆転に成功した。
 
 さらにソフトバンクは2回、1死から7番・牧原大成内野手が右安打で出塁。8番・松田宣浩内野手は空振り三振に倒れるも、9番・甲斐拓也捕手が左翼へシリーズ2本目の本塁打となる2ランを叩き込み、リードを3点に広げた。
 
 ソフトバンクは3回表から2番手・松本裕樹投手にスイッチ。2番・坂本から始まる好打順を3者凡退に抑えた。対する巨人は2回途中からマウンドに上がった大江竜聖投手が続投。先頭の2番・中村晃は遊撃手・坂本勇人内野手の好守で出塁を許さず。その後2死満塁のピンチを背負ったが、3番手・戸郷翔征投手が7番・牧原を一ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。
 
 以降も両チームのリリーフ陣が好投を見せ、投手戦の様相を呈した。戸郷は4回にソフトバンク打線を3者三振。6回の攻防は、ソフトバンクの4番手・高橋礼投手が10球で3者凡退とすると、巨人の4番手・チアゴ・ビエイラ投手が日本最速に迫る164キロを2度マークするなど存在感を示し、同じく3者凡退に抑えた。
 
 ソフトバンクは磐石の投手リレーに移り、7回に岩嵜翔投手、8回にリバン・モイネロ投手を投入。点を返していきたい巨人打線だったが、両投手の前に塁に出ることもできない。
 
 3点差のまま迎えた9回表、マウンドには不動の守護神・森唯斗投手が上がる。窮地に立たされた巨人打線も粘りを見せ、先頭の4番・岡本和真内野手が四球で出塁。1死後には6番・中島宏之内野手が右安打で繋ぎ、チャンスを作った。しかし、経験豊富な鉄腕が動じることはなかった。7番・田中俊太内野手を見逃し三振、代打・亀井善行外野手を二飛に打ち取り、大一番を締めくくった。
 
 投手陣の奮闘が光った第4戦。ソフトバンクは先発の和田が2回で降板も、後を受けたリリーフ陣が無失点投球。対する巨人も2番手以降の投手は、ソフトバンク打線を無失点に抑えたが、序盤の4点が大きく響いた。

 
 
【表】SMBC日本シリーズ2020「巨人対ソフトバンク」<試合日程・結果・組み合わせ一覧>






  • 記者募集