データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンクが3連勝で日本一に王手 ムーアが7回無安打投球、中村晃が先制弾含む3打点【日本シリーズ2020速報】

2020/11/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2020」第3戦(7回戦制)が24日、ソフトバンクの本拠地・福岡PayPayドームで行われ、4-0でソフトバンクが3連勝。日本一に王手をかけた。
 

 
 あと一歩で無安打無得点(ノーヒットノーラン)という圧巻の完封リレーで3連勝を飾った。
 
 巨人は初回、ソフトバンクの遊撃手・牧原大成内野手の悪送球でいきなり無死二塁のチャンスを迎えたが、2番・松原聖弥外野手は犠打失敗。後続も倒れ、先制機を逃した。
 
 試合が動いたのは3回、ソフトバンクは2死から2死から1番・周東佑京内野手の二安打と二塁手・吉川尚輝内野手の悪送球で走者を二塁へ。続く2番・中村晃外野手が、好投を続けていた巨人先発のエンジェル・サンチェス投手をとらえ、右翼席に飛び込む先制2ラン本塁打を放ち、ソフトバンクが3戦続けて先制点を奪った。
 
 対する巨人は5回、四球で走者を出すも、ソフトバンクの三塁手・松田宣浩内野手のファインプレーもあり無得点。前半戦を終えてソフトバンクの先発・マット・ムーア投手に対し、安打を放つことはできない。
 
 ソフトバンクは6回、先頭の2番・中村晃が四球を選ぶと、3番・柳田悠岐外野手が右安打で繋ぎ、一、三塁と追加点のチャンス。4番ジュリスベル・グラシアル内野手は遊ゴロに倒れたが、日本シリーズ絶好調の5番・栗原陵矢捕手には申告敬遠で1死満塁となった。しかしマウンドのサンチェスが踏ん張りを見せ、続く6番アルフレド・デスパイネ外野手を見逃し三振。なおも2死満塁でソフトバンクは代打・長谷川勇也外野手を起用し、一、二塁間に安打性の打球を放ったが、二塁手・吉川尚がファインプレーでアウトにし、このピンチを無失点で切り抜けた。
 
 しかし、次の得点を奪ったのもソフトバンクだった。7回無死から8番・松田宣浩内野手が安打でチャンスメイク。9番・甲斐拓也捕手が犠打を決め、走者を二塁に送ったところで巨人ベンチは好投を続けていたサンチェスに代え、左腕の高梨雄平投手をマウンドへ。1番・周東は死球で一、二塁となると、先制弾を放っている2番・中村晃が今度は右安打を放ち、二塁走者の松田宣の好走塁もあって貴重な追加点。3番・柳田は見逃し三振も、4番グラシアルは3番手の大竹寛投手から右翼へ適時打を放ち、さらに1点を追加した。
 
 ソフトバンクは8回表、無安打投球を続けていたムーアを降ろし、2番手にリバン・モイネロ投手を送り、磐石の投手リレーへ。1死から6番・中島宏之内野手に死球、続く代打の岸田行倫捕手に四球を与えて一、二塁とされたが、後続を連続三振でピンチを断った。
 
 無安打投球を継続して迎えた9回表、マウンドにはソフトバンクの守護神・森唯斗投手が上がった。簡単に2死を奪ったが、5番・丸佳浩外野手がチーム初安打となる中安打を放ち、ノーヒットノーランを阻止。しかし後続を抑え、1安打完封リレーで勝利した。
 
 ソフトバンク先発のムーアは、7回無安打5奪三振無失点の快投。巨人先発のサンチェスも6回1/3を3失点の粘投を見せたが、打線が沈黙した。

 
 
【表】SMBC日本シリーズ2020「巨人対ソフトバンク」<試合日程・結果・組み合わせ一覧>






  • 記者募集