データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



栗原陵矢の2ラン本塁打でソフトバンクが2点をリードし前半戦終了 先発・千賀滉大は走者背負うも得点許さず【日本シリーズ2020速報】

2020/11/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスによる「SMBC日本シリーズ2020」第1戦(7回戦制)が21日、京セラドーム大阪で行われ、試合は5回までを終了。2-0でソフトバンクが2点をリードしている。
 

 
 初回は両チーム無得点。ソフトバンクは2回、無死一塁から5番・栗原陵矢捕手が右翼席に飛び込む2ラン本塁打で先制点を挙げた。
 
 対する巨人は3回、無死から8番ゼラス・ウィーラー内野手が左安打で出塁しチャンスメイク。続く9番・大城卓三捕手は12球粘った末に一ゴロとなるが、スコアリングポジションに走者を進めた。しかし1番・吉川尚輝内野手は投ゴロ、2番・松原聖弥外野手は左飛に倒れ、無得点に終わった。
 
 ソフトバンクは4回、前打席で本塁打を放っている5番・栗原が2死から右翼線へ二塁打を放つと、続く6番アルフレド・デスパイネ外野手の打球は三遊間を破り、二塁走者・栗原は本塁へ。しかし巨人の左翼手・ウィーラーの好返球でタッチアウト。追加点は阻まれた。
 
 ピンチを防いだ巨人は直後の4回裏、無死から3番・坂本勇人内野手、4番・岡本和真内野手が連続四球を選び一、二塁のチャンス。しかし5番・丸佳浩外野手は6-4-3の併殺打、6番・亀井善行外野手は遊ゴロに倒れ、この回も得点を奪うことはできなかった。
 
 5回表のソフトバンクは、巨人の一塁手・中島宏之内野手の好守もあり、三者凡退。5回裏の巨人は、先頭の7番・中島があわや本塁打という大飛球も左飛、9番・大城が中安打を放つも、後続は凡退した。
 
 巨人先発・菅野智之投手、ソフトバンク先発・千賀滉大投手は、ともに走者を背負いながらも菅野は5回2失点、千賀は5回無失点と好投を続けている。



  • 記者募集