データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク、2回に栗原陵矢の2ラン本塁打で先制 右翼席へポストシーズン初本塁打【日本シリーズ2020速報】

2020/11/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスによる「SMBC日本シリーズ2020」第1戦(7回戦制)が21日、京セラドーム大阪で行われ、2回にソフトバンクが5番・栗原陵矢捕手の2ラン本塁打で先制した。
 

 
 高く上がった打球は、そのまま右翼席へ飛び込んだ。
 
 初回は両チーム無得点。ソフトバンクは2回、無死から4番ジュリスベル・グラシアル内野手が右安打で出塁すると、続く5番・栗原が2ボールからの3球目、巨人の先発・菅野智之投手が投じたスライダーをとらえた。高く上がった打球はそのまま右翼席へ吸い込まれる先制の2ラン本塁打となった。
 
 試合は2回表を終了し、2-0でソフトバンクがリードしている。



  • 記者募集