データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク、一発攻勢で4年連続日本シリーズ進出決定 ロッテは2戦とも逆転負け【クライマックスシリーズ2020速報】

2020/11/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと千葉ロッテマリーンズによる「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦(4回戦制)が15日、ソフトバンクの本拠地・PayPayドームで行われ、ソフトバンクが6-4で勝利。1勝のアドバンテージを含めて3勝をストレートで挙げ、4年連続となる日本シリーズ進出を決めた。
 

 
 ソフトバンクは東浜巨、ロッテはチェン・ウェインの両先発で開始した第2戦。第1戦の結果、日本シリーズ進出に王手をかけたソフトバンクと、後がなくなった崖っぷちのロッテという構図となった。
 
 先手を取ったのは、この日もロッテだった。
 
 初回、ロッテ打線は東浜の不安定な立ち上がりを攻め、1死二、三塁のチャンスを作ると、打席には、第1戦で先制本塁打を放った安田尚憲。前日の7番から4番に打順を上げた若き主砲は、東浜に対し、1ボールからの2球目、アウトローのシンカーを捉えると、ライナー性の打球が左中間を破る適時二塁打に。4番を任せた指揮官の起用に、一振りで応えた。
 
 安田の適時打などでいきなり3点をリードしたロッテ。このまま試合を優位に進めるかと思われたが、ソフトバンク打線がそれを許さなかった。2回裏、ロッテ先発チェンからデスパイネが安打で出塁すると、続く中村晃が大仕事。初球、低めの速球を豪快に引っ張ると、ライトスタンドへの2ラン本塁打。左のチェンを全く苦にしないバッティングで、点差を1点に縮めた。
 
 さらに4回、デスパイネの二塁打で、再び中村晃が走者を置いた場面で打席を迎えると、カウント2ボールからの3球目、チェンの外に逃げるスライダーを捉えると、2打席連発となるシリーズ第2号の2ランアーチ。この一打で逆転に成功すると、さらに続く松田宣浩は、高めに浮いたチェンジアップを強振し、2者連続ホームラン。初回3点のビハインドから、下位打線の奮起で試合をひっくり返した。
 
 先発の東浜は、初回の3失点以降も、毎回安打を許す苦しい投球が続いたが、なんとかスコアボードに「0」を刻み、4回3失点の粘投で試合を作った。5回からは、ホークスのリリーフ陣が好投。2番手・松本裕樹、3番手・岩嵜翔が無失点に抑えてリズムを作った。
 
 7回は、嘉弥真新也が先頭の安田に二塁打を浴びてピンチを招くと、1死三塁としたところで高橋礼にリレー。しかし、中村奨吾の二ゴロの間に1点を失った。それでも、続く福田秀平の打席ではこの回3人目の投手となるモイネロを投入し、最少失点で切り抜けた。
 
 するとその裏、1死から、ロッテ5番手ハーマンに対し、甲斐拓也が安打で出塁すると、1番・周東佑京がライトへの適時三塁打を放ち再び2点差。ソフトバンクは、日本シリーズ進出に向け大きな1点を手にした。
 
 そして8回は回跨ぎとなったモイネロが完璧なピッチングを披露し、ロッテ打線につけ入る隙を与えず。9回は守護神・森唯斗が、1死満塁のピンチを背負うも、中村奨吾を空振り三振、代打・佐藤都志也を中飛に仕留め、リードを守り抜いた。
 
 勝ったソフトバンクは、21日からセ・リーグ王者・読売ジャイアンツと日本シリーズを戦う。4年連続の日本一に向け、ポストシーズン最強のソフトバンクが盤石の姿を見せつけた。
 
 
【表】SMBC日本シリーズ2020<試合日程・結果・組み合わせ一覧>



  • 記者募集