データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【クライマックスシリーズ2020速報】安田尚憲が2ラン、荻野貴司が適時打放ち千葉ロッテ2点リードで前半戦終了 ソフトバンクは柳田悠岐の一発飛び出す

2020/11/14

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスと千葉ロッテマリーンズによる「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦(4回戦制)が14日、ソフトバンクの本拠地・PayPayドームで行われ、試合は5回までを終了。3-1でロッテが2点をリードしている。
 

 
 ソフトバンク先発・千賀滉大投手は、初回を3者凡退。対するロッテ先発・美馬学投手は、いきなり1死満塁のピンチを迎えたが、5番・栗原陵矢捕手を注文通りの遊併殺打に打ち取り、初回は両チーム無得点となった。
 
 ピンチを凌いだロッテは2回、2死から6番・中村奨吾内野手がチーム初安打となる中安打で出塁すると、続く7番・安田が右翼へ2ラン本塁打を放ち、下克上を狙うロッテが先制。
 
 ロッテ先発・美馬に封じ込まれていたソフトバンク打線は4回、先頭の3番・柳田悠岐外野手が中堅バックスクリーンへ本塁打を放ち反撃。
 
 しかし直後の5回表、ロッテは先頭の8番・田村龍弘捕手が右翼線を破る二塁打で出塁。9番・藤岡裕大内野手が犠打で走者を三塁に送ると、1番・荻野貴司外野手が三遊間を破る適時打を放ち、再び2点差とした。
 
 ソフトバンクは5回裏、先頭の7番・牧原大成内野手が遊撃へ内野安打、ベースカバーのいない間に二塁ベースも陥れ、足を活かして二塁打に。続く8番・松田宣浩が四球で繋ぎチャンスを広げたが、9番・甲斐拓也捕手はスリーバント失敗。後続も倒れて無得点に終わった。



  • 記者募集