データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



願わくば“栗原健太選手復活!” ブレない戦い方こそ、優勝への近道【音楽と野球 岩瀬敬吾さん(元19『ジューク』)#2】

『音楽のように“エンターテインメント”のひとつとして野球を楽しもう』という思いでお届けするこの企画。今回登場してくれたのは、カープファンの岩瀬敬吾さん! “カープ”は、物心ついたころから存在し、現在も日々の中にあるものだという。レジェンドと呼ばれるOBから2軍で汗を流す選手のことまで知り尽くした彼が、幼少期の思い出や、“混セ”について、たっぷりと語ってくれた。

2015/08/06

text By

タグ: , , , ,



チームを信じて応援しています。今年は優勝します!

――あ、似ていらっしゃる。それも含めて(笑)、頼もしいですね。他にイチオシの選手は?

 鈴木誠也選手です。最近は守備固めでの出場が多いですね。内野手から外野手登録になったのは、肩が強いというのもあるのではないでしょうか。こういう選手が、レギュラーで活躍している選手を脅かす存在になって切磋琢磨されていけば、どんどんいいチームになりますよね。あと、願わくば“栗原健太選手復活!”

――そうですね。カープファンの多くは、その日を待ち望んでいるでしょうから。新しくファンになった人たちにも知ってほしい存在ですね。

 はい。僕が今住んでいる関東でも、カープファンが増えているのが分かります。一昨年あたりから人気・観客動員は伸びていますが、今年はさらにすごい。今までは都内ならば足を運ぶけれど、千葉や埼玉まで行くことには躊躇していた人も、どんどん球場に行っていますね。

――そういったことも含めて、ワクワクするチームですね。お話を聞いているうちに優勝する気がしてきました(笑)。

 優勝します。チームを信じて応援していますし、しますよ、今年は優勝します!

—————————-
iwase keigo_1
岩瀬敬吾(いわせ・けいご)
1978年8月29日生まれ。広島県黒瀬町(現・東広島市)出身。1998年19(ジューク)としてメジャーデビュー。シングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」などヒット作多数。2002年の解散後、ソロ活動を開始。2008年には広島市民球場で始球式を行った。2011年に自主レーベル「Nakemiin Records」を立ち上げ、2014年11月24日にミニアルバム『象になった君の夢』を発売。下記WEBサイトでダウンロード販売もしている。現在は今作制作に携わったメンバーで編成した「ノロッストリオ」としても活動するなど、精力的に全国各地でライブを行っている。

JK
ミニアルバム『象になった君の夢』発売中
オフィシャルウェブサイト http://iwasekeigo-official.jimdo.com/

1 2


  • 記者募集