データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



楽天が球団史上初のファーム日本一、村林一輝が4安打の活躍。ソフトバンクは初回リードも敗戦【ファーム日本選手権2020】

2020/11/07

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2020年プロ野球ファーム日本選手権が7日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎で行われ、東北楽天ゴールデンイーグルスが福岡ソフトバンクホークスを6-4で下し、球団史上初のファーム日本一に輝いた。
 

 
 2年連続同一チームの顔合わせとなったファーム日本選手権。初回から点を取り合う展開となった。
 
 初回、楽天打線は、ソフトバンク先発・大竹耕太郎投手の立ち上がりを、2番・村林一輝内野手が右翼線への二塁打で挫いた。次の黒川史陽内野手の一ゴロの間に、失策も絡んで得点を挙げ、先制に成功した。
 
 一方、ソフトバンク打線は、楽天・先発の西口直人投手に対し、先頭のリーグ首位打者・三森大貴内野手から4連打で2点を取り逆転。その後もリチャード内野手の中前適時打でさらに1点を加えた。
 
 しかし、2回、楽天打線は、オコエ瑠偉外野手と村林のタイムリーのすぐさま追いつくと、流れを渡さない。西口も2回以降は立ち直り、スコアボードに0を並べた。
 
 先に追加点を挙げたのは楽天だった。4回、先頭の育成・吉持亮汰内野手が右越えの二塁打を放ちチャンスメイクすると、犠打で三塁に進塁。続く村林が早くもこの日3本目の安打をマークし、1点を勝ち越した。
 
 さらに7回、楽天は、1死一塁の場面で、4番に起用された下水流昂外野手がライトへの2ラン本塁打を放ち、点差を3点に広げた。
 
 その後、ソフトバンクは同じ回に1点を返したものの、8、9回と楽天のリリーフ陣の前に三者凡退に倒れ、ゲームセット。勝ち投手は6回3失点と粘投した西口、9回に登板した釜田佳直投手にはセーブがついている。
 
 またこの試合、村林は9回にも二塁打を放ち、4安打2打点の活躍。来季の活躍に期待を抱かせる内容だった。



  • 記者募集