データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



DAZN、2020年のジャイアンツドキュメンタリーを近日から順次配信 原監督「より深く知ってもらう機会になる」

2020/10/27

text By

photo

DAZN

タグ: , , , , , , , , ,



 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は26日、JERAセ・リーグ連覇を間近に控えた読売ジャイアンツが制作する、2020年のジャイアンツドキュメンタリーを近日より順次配信すると発表した。
 

 
 DAZNでは、2019シーズンより巨人主催試合を配信。また読売グループと包括提携を結び、巨人の魅力をより多くの人に届けるべく、さまざまな活動も行っている。その一環として、昨季終了後に巨人の裏側に密着した長編ドキュメンタリー『ジャイアンツ・ドキュメンタリーシリーズ GIANTS 復活への道』の制作、配信を行った。
 
 『GIANTS 2020─INSIDE─』は、昨年に続き、チームに密着する球団カメラに収められた映像の中から、監督、コーチ、選手たちのリアルな姿を5つのエピソードにわけて紹介。2020シーズンは、新型コロナウイルスの影響による開幕の3カ月の延期と過密なスケジュール、そして未知なるウイルスとの戦いなど例年とは全く異なる困難の連続だった。その中で、リーグ連覇を成し遂げようとしている原辰徳監督の思い、82年ぶりに開幕からの連続勝利数で球団新記録を打ち立てたエース・菅野智之投手の努力、NPB史上2番目の若さで通算2000安打達成を目前にしているキャプテン・坂本勇人選手の素顔などに迫る。
 
◇原辰徳監督コメント
「今年もDAZNと共にドキュメンタリーシリーズをファンのみなさまにお届けできることを嬉しく思います。 今年は球場に来ていただく機会が減ってしまっていますが、昨年よりさらにチームに近い距離感でカメラが入った本作を見ていただくことで、ファンのみなさまにとってもジャイアンツをより深く知ってもらう機会になると思います。 新型コロナウイルスの影響を受け、2020年は野球史にも残る異例のシーズンとなりましたが、 首位にいても毎日フラットな気持ちで、緊張感を持ちながらプレーしています。 巨人軍の選手、監督・コーチそしてチームスタッフが力を合わせて乗り越えてきた今シーズンの裏側を余すところなくご覧ください」
 
◇坂本勇人内野手コメント
「今年はDAZNのアンバサダーとして活動してきましたが、この作品を通してジャイアンツのことをもっと多くのファンのみなさまに知ってもらえれば非常に嬉しいです。リーグ優勝、そして日本一という目標に向けて、精一杯、チーム一丸でプレーしますので、是非このドキュメンタリーシリーズも合わせてお楽しみください」

『GIANTS 2020 ─INSIDE─』 配信内容

<#1:密着カメラが見たシーズンの舞台裏> 近日配信予定
JERAセ・リーグ連覇を目前にした読売ジャイアンツ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3か月も遅れて開幕したシーズンを、チームはどのように戦ったのか。シーズン大半を首位を走り続けた裏で、原辰徳監督は選手たちに何を語り、選手たちはどのように応えたのか。絶妙な選手起用と、巧みな作戦の陰でコーチ陣は何を考えていたのか。さまざまな視点から2020シーズンの軌跡を総括する。
 
<#2:コロナウイルスと巨人> 2020年11月9日配信予定
2020年2月1日、日本一奪還へ向け始動した読売ジャイアンツだが、世界中で新型コロナウイルス感染拡大が発生。この影響で3月20日に予定されていた開幕は延期となり、先の見えない日々が始まる。ここでは、開幕延期から6月19日の開幕日までの選手、監督、コーチ、チームスタッフがコロナ禍でどんな動きをしたのかを振り返る。
 
<#3:指導者1年目、阿部慎之助2軍監督に迫る> 2020年11月20日配信予定
今季から指導者の道を歩みだした阿部慎之助2軍監督。夜間練習も取り入れるスパルタ指導で若手選手たちを鍛え上げていく。直江大輔投手に伝えたという「ドゥクシ投法」をはじめ、阿部2軍監督の奮闘ぶりを球団カメラの映像で追う。
 
<#4:菅野智之 “勝ち続けるエース”の素顔> 2020年12月4日配信予定
開幕から13連勝という、球団新記録を達成したエース・菅野智之投手。開幕前には新フォームに取り組むなど、さらなる進化を追い求めた努力が実を結んだ形となった。菅野投手が連勝記録を打ち立てる要因は何にあったのかを探る。
 
<#5:主将・坂本勇人、2000安打達成までの道のり> 2020年12月18日配信予定
新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期となり、史上最年少での通算2000安打達成とはならなかった坂本勇人選手。しかし調整が難しい中でも、主将としてチームを牽引し、自身の記録へ向けても着実にヒットを重ねていった。そんな坂本選手の通算2000安打達成までの軌跡を独占インタビューを通して本人と共に振り返る。
 
※編成の都合上、タイトルや配信日が変更になる場合があります



  • 記者募集