データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【ドラフト速報】早稲田大・早川隆久は楽天が交渉権を獲得! 石井GMは「左手で引くと決めていた」

2020/10/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で行われ、早稲田大の早川隆久投手は、ドラフト1位で4球団が競合し、抽選の末に東北楽天ゴールデンイーグルスが交渉権を獲得した。
 

 
 早川を指名したのは、ヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団。ヤクルト、楽天、西武、ロッテの順番にくじを引き、楽天の石井一久GM(ゼネラルマネージャー)が左手でくじを引き当てた。
 
 抽選後、「超プラチナチケット」を手にした石井GMは「スカウトの皆さんの思いも背負っていたのでよかった」とコメント。表情からは喜びが溢れていた。
 
 「左手で引くと決めていた」と話す石井GMは、早川に向けて「日本を代表する投手になれる投手だと思います」と熱いメッセージを送った。
 
 早川は、木更津総合高を経て早稲田大学に入学すると、1年春からリーグ戦で登板。完成度の高い投球で、大学日本代表では常連となっている。現時点でリーグ戦通算12勝をマークしており、プロでは即戦力として期待がかかっている。

 
 
【Pick up】ドラフト会議直前! 2020年プロ野球ドラフトコンテンツ特集【ドラフト2020】



  • 記者募集