データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平がシーズン自己最多タイの11勝目 西武は、記録づくめのおかわり弾も投壊

24日、西武プリンスドームにて埼玉西武対日本ハム戦が行われ、13-6で日本ハムが勝利した。西武は中村が1000本安打と300本塁打を同時に達成、さらに通算満塁本塁打数1位タイに並んだ。主砲がバットでチームを鼓舞し、一時は日本ハムのエース・大谷相手に同点に追いついたもの、投手陣が崩壊。中盤から勢い付いた日本ハム打線に突き放された。

2015/07/25

text By

タグ: , , , , , , ,



エースで落とせない日本ハムは打線が奮起

 大谷がまさかの5失点で、一気に追いつかれた日本ハム。4連敗中のチームは、エースで試合を落とすわけにはいかない。

 西武に傾きかけた流れを再び引き寄せたのが、先制弾のレアードだった。
 3番手でマウンドに上がった岡本洋の変化球をフルスイング。打球は再びレフトスタンドへ飛び込む勝ち越し弾となった。その後は日本ハムの打線が爆発。
 尻上がりに勢いを増し、8回には6番手の増田に襲い掛かり、打者11人で7安打、一挙6得点の猛攻で打ち崩した。

 試合は13-6で日本ハムが大勝し、連敗を4でストップ。大谷は今季自己ワーストタイの5失点ながらも、シーズン自己最多タイの11勝目をあげた。

 記録づくしのおかわり弾も、投手陣が打ち込まれた西武。
 投手陣について「勢いを止めるピッチャー陣がいないのは今のうちの課題」と指揮官は頭を悩ませた。投打がなかなか噛み合わない西武は、主砲の偉業に、勝利で花を添えることはできなかった。

1 2



  • 記者募集