データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



千葉ロッテ、2020年もベンチガム設置 今年はキャンプで選手ら試食し「好評だったレモン味を採用」

2020/07/30

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , , ,



 千葉ロッテマリーンズは30日、2020年ベンチガムが完成し、マリーンズベンチに常備を開始したと発表した。
 

 
 このプロジェクトは、ロッテ中央研究所噛むこと研究部協力の下、2019年よりスタート。昨年はジューシーフルーツ味のガムをベンチガムとして採用し、選手の間で大好評だったため、2020年も継続的に行う事となった。ガムはベンチ内に設置されているガム専用BOX内にホーム、ビジター共に常備する。また、2020仕様プロモデルガム(粒、非売品)は噛み応えのある硬さに爽やかで酸味の効いたフルーティーレモン味となっている。
 
◇千葉ロッテマリーンズ広報室コメント
「今年もベンチガムとしてオリジナルガムを製作していただきベンチに常備させていただくことになりました。昨年はジューシーフルーツ味でしたが今回は石垣島キャンプ中に監督、選手などに様々な味を試してもらい好評だったレモン味を採用することになりました。ガムをしっかりと噛みしめて投打が噛み合い優勝を目指したいと思います」



  • 記者募集