データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人、原監督&阿部2軍監督&坂本勇人&丸佳浩&菅野智之の5人が東京都に各1000万円寄付を発表

2020/04/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 読売ジャイアンツは24日、新型コロナウイルス感染対策の医療現場支援のため、原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督と、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手、菅野智之投手の3選手の計5人が総額5000万円(各1000万円)を東京都に寄付したと発表した。
 

 
 今回の寄付は、首都・東京を拠点にする球団のメンバーとして、都内の医療機関や医療スタッフの方々をサポートしたいという思いから、菅野、坂本、丸の3選手が発案。これに原監督、阿部2軍監督も賛同した形だ。
 
 医療現場支援のため、5人は一般の方々に対しても広く募金を呼び掛けたいと要望していることから、読売新聞社と社会福祉法人「読売光と愛の事業団」が、「東京コロナ医療支援基金」を設けて寄付を募ることとなっている。
 
 なお、球団からも東京都に対して、医療現場で不足している医療用マスク「KN95」1万枚と、サージカルマスク3万枚、環境除菌用クロス(60枚入り)3000パックを寄贈。社会貢献活動「G hands」の一環として、2019年シーズン中の勝利試合や記録達成時に行われたヒーローズプレートのチャリティーオークションの売上などを購入費に充てた。



  • 記者募集