データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



千葉ロッテ、新型コロナで休校の子どもたちへ自宅でできるトレーニングメニュー公開 佐々木朗希「自分のために時間を使って欲しい」

2020/03/10

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , , , , ,



 千葉ロッテマリーンズは、自宅でもできるトレーニングを球団トレーニングコーチが紹介する動画を、きょう10日から配信すると発表した。
 
 この企画は、新型コロナウィルス拡大防止のため休校になっている子供たちをメインに向けたもの。3月4日に佐々木朗希投手が休校になった子供たちへ「こういった時間をテレビやスマホで見て学ぶことにも使って欲しい」というメッセージを発信したことがキッカケとなった。タイトルは「佐々木朗希選手も実践している家でも出来る簡単トレーニング」で佐々木朗がモデルを務めている。
 
 動画は、毎日1本5日連続で、マリーンズ公式YouTubeチャンネルにアップされる。きょう10日のテーマは「スクワット」で、家でも簡単に出来る1分間程度のトレーニングメニューとなっている。
 
 メニューを考えた菊地大祐一軍トレーニングコーチは、「なかなか外でおもいっきり体を動かせない状況ですので、家でも子供が簡単にトレーニング出来るものをチョイスしました。下半身、体幹と股関節周りのバランス、股関節の使い方を中心にしたメニューです。1セット30秒から1分ぐらいでやってみて余裕があれば2セット、3セットやってもらいたいと思います」とコメント。
 
 佐々木朗は、「時間がある時を見つけて、こういうちょっとした簡単に出来るトレーニングをやって欲しいなあと思います。時間を有効に活用して今出来ることを見つけて自分のために時間を使って欲しいと思います。簡単なメニューで時間も短いのですが、結構、汗をかきますし、体幹も鍛えられている実感があると思います。子供たちが実はちょっとしたトレーニングは家でも出来るのだよというのを分かってもらえるキッカケになればと思います」と企画への思いを語った。
 
佐々木朗希投手も実践している家でも出来る簡単トレーニング その1【広報カメラ特別編】
 
マリーンズ公式YouTubeチャンネルはこちら



  • 記者募集