データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



阪神・梅野隆太郎、今季目標は「3割」「3年連続GG賞」「B9」 チーム防御率良化の要因は「インコースの使い方」

2020/02/12

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



髙橋遥人は緩いボール習得へ

 阪神タイガースが2月1日から春季キャンプをかりゆしホテルズボールパーク宜野座(沖縄県宜野座村)で行っている。2005年以来遠ざかるリーグ制覇に向け、今季のキーマンは誰になるのか。スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』が、注目ポイントを伝えている。
 
今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 「2020の主役は誰だ?」をテーマに、各球団を取材する企画「12球団 キャンプキャラバン」。第12回は、阪神について特集された。
 
 2020年の野手の主役として、解説の野口寿浩氏が挙げたのは、梅野隆太郎捕手。昨季は2年連続のゴールデングラブ賞に輝くなど、リーグを代表する捕手に成長した。今季は、長年チームの顔であった鳥谷敬内野手が退団し、リーダーとしてチームを引っ張ることも求められるシーズンとなる。
 
 昨季は、チーム防御率を大幅に改善させた梅野(4.03→3.46)。その要因に、西勇輝投手の加入が大きいと分析し、「インコースの使い方に“メリハリ”がついた」と、他の投手にも好影響を与えていることを明かした。
 
 また鳥谷の退団を踏まえて、今年は「リーダーシップを持ってやっていきたい」と強い自覚を口にする。今季の目標に「チームの優勝」を掲げ、個人としては「3割」「3年連続ゴールデングラブ」「ベストナイン」を公言。目標を高く設定し、自らを奮起させた。
 
 一方、投手のキーマンとして挙げられたのは、昨季ローテーションに定着した髙橋遥人投手。首脳陣からも高い期待が寄せられる左腕だが、現在は「フォームを修正している段階」だ。直球がシュート回転していることを課題に挙げ、「質の良い真っ直ぐ」を追い求めて臨時コーチの山本昌氏にも助言を求めている。昨年の経験を糧に、今年は緩いボールも駆使すると宣言しており、今年の飛躍に期待が高まる。
 
 
 阪神は、オフにジャスティン・ボーア内野手ら外国人選手を多数補強し、課題の打線にメスを入れた。昨季は、チーム防御率リーグ1位とあって、打力さえ改善すれば、優勝は見えてくる。今年こそ、悲願のリーグ優勝をかなえられるだろうか。



  • 記者募集