データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープ・佐々岡真司監督、期待するのは“リリーフ”岡田明丈。昨季飛躍の西川龍馬は「タイトル争いに食い込みたい」

2020/02/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



先発投手陣は豊富

 広島東洋カープが2月1日から春季キャンプを日南市営天福球場で行っている。2年ぶりのリーグ優勝へ、必要なピースはどこにあるのだろうか。スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』が、注目ポイントを伝えている。
 
今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 「2020の主役は誰だ?」をテーマに、各球団を取材する企画「12球団 キャンプキャラバン」。第8回は、広島が特集された。
 
 投手陣は、開幕投手が内定している大瀬良大地投手を筆頭に、クリス・ジョンソン投手、九里亜蓮投手、野村祐輔投手ら先発の枚数が揃う。さらに、ドラフト1位ルーキー森下暢仁投手も完成度が高く、ローテーション争いに期待できる。
 
 一方、リリーフ投手には不安が残る。守護神・中﨑翔太投手がオフに右ひざを手術し、今年は2軍キャンプスタートとなっている。佐々岡真司監督も昨季の反省として「(リリーフがつかまって)終盤に逃げ切れない」点を挙げた。
 
 そんな佐々岡監督が名指しで期待を込めたのが、5年目の岡田明丈投手。岡田は2年目に12勝を挙げるなど、ローテーションを任される投手として大きく期待されたが、昨季は3試合の登板にとどまり、0勝2敗、防御率14.14と精彩を欠いていた。岡田のリリーフ転向は、チームにとっても本人にとっても大きな転機となるかもしれない。
 
 また野手陣からは、西川龍馬内野手が「タイトル争いに食い込みたい」とさらなる飛躍を約束すると、正捕手・會澤翼は「中軸を打ちたい気持ちもある」と静かに闘志を燃やす。昨季、丸佳浩外野手(現巨人)の抜けた穴を埋めきることができなかった打線だが、今季は再び高い得点力が期待できそうだ。3年連続リーグ優勝から一転、Bクラスの4位に沈んだ広島。新体制で臨む今季、V奪還となるだろうか。




  • 記者募集