データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス、先発陣のキーマンは3年目田嶋大樹。開幕の打線構想は「3番吉田、4番ジョーンズ」

2020/02/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



助っ人ジョーンズには大きな期待

 オリックス・バファローズが2月1日から春季キャンプを清武総合運動公園SOKKENスタジアム(宮崎市)で行っている。最下位からの逆襲を目指すチームの今季のキーマンは誰になるのか。スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』が、注目ポイントを伝えている。
 
今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 「2020の主役は誰だ?」をテーマに、各球団を取材する企画「12球団 キャンプキャラバン」。第7回は、オリックスが特集された。
 
 投手陣は、昨季ともにタイトルを獲得した山岡泰輔投手、山本由伸投手の二枚看板が軸。西村徳文監督は、その二人に続く投手陣のキーマンに「田嶋(大樹)でしょうね」と3年目左腕の名前を挙げた。また他にも榊原翼投手、K-鈴木投手、張奕投手ら生きのいい若手がアピールを続けており、先発ローテーション争いが加熱している様子だ。
 
 リリーフ陣について西村監督は、「抑えのディクソンは決めている」とし、7回、8回の勝ちパターンは競争させることを示唆。クローザー奪取を目指す増井浩俊投手にも注目が集まる。
 
 また、野手では、アダム・ジョーンズ外野手が加入。現役バリバリのメジャーリーガーとして周囲から黄色い声援が飛んでいるが、ジョーンズ自身が浮かれる様子はない。「打撃練習でのホームランは意味がない。いまはセンター方向を意識している」とキャリアに胡坐をかくことなく、日本野球への適応にひた走っている。
 
 田口壮野手総合兼打撃コーチは、「3番・吉田(正尚)、4番・ジョーンズ」と開幕の構想を語る。加えて、その前を打つ打者として、出塁率が高い選手の台頭に期待を込め、宗佑磨外野手、福田周平内野手、中川圭太内野手らの名前を挙げた。
 
 昨季は最下位に沈み、近年はBクラスに低迷している。しかし、今季は12年おきに好成績を残す「子年のジンクス(96年:優勝、08年:2位)」に突入する。強力な先発投手と大物助っ人を迎えてのシーズンは、ジンクス通りの成績を残せるか。




  • 記者募集