データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンクの“熱男”松田宣浩は2020年も全試合出場へ。東京五輪出場にも意欲「次は打って貢献したい」

2020/02/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



バレンティン加入で最強打線へ

 福岡ソフトバンクホークスが2月1日から春季キャンプをアイビースタジアム(宮崎市)で行っている。3年ぶりのリーグ優勝に向けて、今季のキーマンは誰になるのか。スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』が、注目ポイントを伝えている。
 
今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!
 

 「2020の主役は誰だ?」をテーマに、各球団を取材する企画「12球団 キャンプキャラバン」。第6回は、ソフトバンク野手編が特集された。
 
 2020年の主役として、解説の摂津正氏が挙げたのは、ベテランの松田宣浩内野手。昨季も全143試合に出場し30本塁打をマークするなど、3年連続の日本一に大きく貢献した。
 
 “熱男”の愛称で親しまれるベテランは、はつらつプレーの秘訣として「若い選手と一緒にやること」を挙げ、まだまだ若手に出番を譲る気はない様子。今季の目標には「(6年連続となる)全試合出場」を掲げ、けがなくシーズンを過ごすことができれば、ゴールデングラブ賞やベストナインなどの表彰は自ずとついてくると、自信を垣間見せた。
 
 また、昨年11月の世界野球「プレミア12」では、稲葉ジャパン体制以降初招集となった松田。同大会では、「(個人成績よりも)チームが勝てばいいという気持ち」が芽生えたと言い、「決勝戦はずっとベンチに居ましたけど、一番面白かった」と、献身的な一面を自らに見出した。今夏に迫る東京五輪では、「(選ばれたら)次は打って貢献したい」と意欲をのぞかせた。
 
 ソフトバンクは、3年連続日本一を成し遂げながらも、リーグ優勝からは2年間遠ざかっている。野手陣では、ウラディミール・バレンティン外野手の加入など、打線に厚みを増した一方で、レギュラー不在の二塁手など、足りない部分もある。キャンプで競争を促し、球界最強打線を構築できるか。



  • 記者募集