データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



本当の課題は守備にあり? 高津臣吾新監督のもと投手再建を目指すヤクルト、世代交代に注目【データで解く野球の真実】

ヤクルトは昨季59勝82敗で最下位に低迷。新シーズンは高津臣吾新監督のもと迎えることになった。アメリカのほか韓国球界でもプレーするなど、経験豊富な高津監督のもと、投手陣を再建し失点を減らしたいという球団の思惑が見える。だが、どうやらヤクルトの問題は投手陣だけではないようである。

2020/01/27

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



1試合平均失点は5.17。失点減少が高津新監督のテーマ

 まず昨季におけるヤクルトの成績を振り返り、現状をつかんでおきたい。イラストは昨季セ・リーグ各球団の1試合平均得点・失点を示したものだ。赤くなるほど他球団に比べ優れており、青くなるほど劣っていることを示している。

 ヤクルトは1試合平均得点が4.59点。優勝した巨人に次ぐ2位の値を残している。やはり得点力に関してはリーグ内でも優れていたようだ。一方、平均失点は5.17点。セ・リーグ平均の4.24点に比べると、毎試合1点近く多く失点しているということになる。こうして見るとやはり課題は失点の多さにあり、投手陣再建のため高津監督が抜擢されたのは納得できる。

1 2 3


  • 記者募集