データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本シリーズ第2戦】巨人、度重なるミス響き敵地2連敗 攻守で流れ分断…メルセデスの好投が台無し

2019/10/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



緊迫した空気が一変…相手、味方に傾いた流れが最悪の結果に

 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2019」第2戦が20日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで行われ、巨人は敵地で2連敗を喫した。
 
 第1戦を落としている巨人が、連敗で本拠地・東京ドームに戻ることになった。
 
 先発の左腕C.C.メルセデス投手は4回まで1人の走者も許さないパーフェクト投球。5回に初安打を許したが、6回まで76球を投げ被安打1、与四球2、無失点とソフトバンク打線を封じた。
 
 一方、打線はこちらもソフトバンク先発のアンダースロー右腕・高橋礼投手に対して翻弄され、6回まで無安打と苦戦する。7回に4番・岡本和真内野手の左前安打で初安打を記録したが、先制点までには繋げられず。
 
 すると、直後の守りで2番手の大竹寛投手が、山本泰寛内野手のエラーなどで一、三塁のピンチに直面すると、6番・松田宣浩内野手に中堅バックスクリーンへ特大の3ラン本塁打を浴び先制を許してしまう。
 
 続く8回にも3失点を喫し6点差とされた巨人は、9回にようやく反撃。ソフトバンク3番手の高橋純平投手から3四球を選んで1死満塁のチャンスを作ると、クローザーの森唯斗投手から岡本が中越えの適時打を放ち2点を返す。
 
 しかしこの時、岡本が一、二塁間で挟まれタッチアウトとなり、2点入ってなおも1死二、三塁になるはずが2死二塁となってしまう。
 
 それでも、続く指名打者の阿部慎之助捕手の適時打で3点差とすると、なおも安打が繋がり2死一、三塁と一発が出れば同点のシーンを演出。ここでこの日、痛恨のエラーを喫していた山本が打席に回ったが、森の前に遊ゴロに打ち取られ試合終了。猛追及ばず3-6で敗れ、2連敗となった。
 
 勝利したソフトバンクは本拠地で2連勝を飾り、3連覇へ大きく前進。一方の巨人は未勝利のままホームに戻り、立て直しを期すこととなった。




  • 記者募集