データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本シリーズ速報】ソフトバンク・松田宣浩が7回に特大の先制3ラン 好投の高橋礼を強力援護

2019/10/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



高橋礼はノーノー逃すも7回まで1安打投球

 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2019」第2戦が20日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで行われ、7回に松田宣浩内野手が3ラン本塁打を放ちソフトバンクが先制した。
 
 ソフトバンクの先発、アンダースローの高橋礼投手は6回まで80球を投げノーヒット投球の快投。対する巨人の先発、C.C.メルセデス投手も4回まで完全に抑え、5回に初安打を許したが6回76球を投げ1安打無失点と好投し0-0で終盤7回を迎えた。
 
 ノーヒットノーランの快挙がチラつく高橋礼は7回、1死から2番の坂本勇人内野手を四球で歩かせた後、2死一塁となって4番・岡本和真内野手に初安打となる左前安打を浴び一、三塁とピンチを迎えた。
 
 しかし、続く指名打者の阿部慎之助捕手を三ゴロに打ち取って3アウト。ノーヒットノーランは逃したが、無失点でしのいで打線の奮起を待った。
 
 すると高橋礼の好投に応えたい打線は、その直後の攻撃でついに息を吹き返す。この回からマウンドに上がった巨人2番手の大竹寛投手に対して、三塁を守る山本泰寛内野手のエラー、ジュリスベル・グラシアル内野手の安打で無死一、三塁のチャンスを作った。
 
 そしてこの場面で6番の松田宣浩内野手が、カウント2-0からの3球目、やや内寄りに入った142キロのシュートを完璧に捉えると、打球は中堅バックスクリーンに飛び込む特大の先制3ラン本塁打となった。
 
 終盤に入ってようやく試合が動き、ソフトバンクが3-0としてシリーズ2連勝へ向けて大きく前進した。




  • 記者募集