データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本シリーズ速報】ソフトバンク高橋礼、6回までノーノー継続 巨人メルセデスは得点圏での決定打許さず

2019/10/20

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



高橋礼の許した走者は死球の1人のみ

 福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツによる「SMBC日本シリーズ2019」第2戦が20日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクの高橋礼投手が6回までノーヒットノーランを続けている。
 
 ソフトバンクの高橋礼、巨人のC.C.メルセデスの両先発投手はともに4回までパーフェクト。先にメルセデスが5回に初安打と初四球を許し一、二塁のピンチを招いたが、後続を断ち無失点で切り抜ける。
 
 一方、5回まで巨人打線を完全に封じ込めていた高橋礼も、6回に先頭打者の若林晃弘内野手に死球を与え初めての走者を許すと、この後送りバントで1死二塁のピンチに直面する。
 
 しかし、高橋礼は続く9番の重信慎之介外野手を速球で遊直に打ち取ると、飛び出していた若林の帰塁も許さず併殺でピンチをしのいだ。
 
 メルセデスは6回に2死三塁のピンチを無失点に抑え、6回76球を投げ1安打無失点。対する高橋礼は、6回80球を投げて未だ無安打。ノーヒットノーランを継続中だが、スコアは0-0のまま終盤7回に突入した。




  • 記者募集