データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【ドラフト速報】星稜・奥川恭伸はヤクルトが交渉権獲得! 高津新監督は顔真っ赤「絶対に引いてやろうと」

2019/10/17

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



黄金の右腕に託した希望「公言した時から神宮で投げる姿を想像してました」

「2019年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、東京都内で行われ、今夏の甲子園で準優勝に導いた星稜高のエース奥川恭伸投手はドラフト1位で3球団競合し、抽選の末に東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得した。
 
 高校No.1の完成度を誇る右腕はドラフト1位でヤクルトが交渉権を獲得した。
 
 奥川を指名したのはヤクルト、阪神、巨人の3球団。ヤクルト、阪神、巨人の順番にクジを引き、就任したばかりのヤクルトの高津臣吾監督が右手で引き当てた。
 
 抽選後、世界に一つしかない「超プラチナチケット」を手にした高津監督は「どうしても強くしたいと言った手前、絶対に引いてやろうと思いました」とコメント。その真っ赤な表情からは期待と興奮が溢れていた。
 
 3つある封筒のうち「直感」を持って右手を伸ばした先にあった“希望”。「ヤクルトのエースはもちろん、日本を代表するピッチャーになってほしい」と話す新米監督は、奥川に向けて「2日前から公言した時からスワローズのユニホームを着て神宮で投げる姿を想像してました。一緒に頑張りましょう!宜しくお願いします!」と熱いメッセージを送った。
 
 今夏の甲子園で星稜を24年ぶりの決勝進出、そして準優勝に導いた奥川は、最速154キロの速球やキレのある多彩な変化球を駆使し、3回戦の智弁和歌山戦では延長14回(165球)を投げ抜き23奪三振をマーク。強靭なスタミナも証明した。
 
 その完成度の高さから、プロでは早い段階でのデビューが期待されるが、高津新監督の下でどんな活躍を見せるのか。“日本球界の至宝”、“令和の怪物”の未来に多くのファンが注目している。