データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤクルト、05年ドラ1・村中恭兵ら5選手に戦力外通告 プロ13年目35歳の大引啓次も

2019/10/01

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



村中は通算46勝

 東京ヤクルトスワローズは1日、村中恭兵投手(31歳)ら5選手に戦力外通告したことを発表した。球団公式サイトが伝えている。
 
 ヤクルトは、村中恭兵投手(31歳)、岩橋慶侍投手(28歳)、沼田拓巳投手(25歳)、大引啓次内野手(35歳)、山川晃司捕手(22歳)に戦力外通告を行ったことを発表した。
 
 村中は東海大甲府高を経て2005年の高校生ドラフト1位で入団。3年目の2008年に先発として21試合に登板し6勝(11敗)をマークすると、5年目の2010年には28試合の登板で自己最多となる11勝(10敗)、2012年にも2完封を含む10勝(7敗)の成績を収めた。
 
 2016年には中継ぎを主として52試合に登板しブルペンを支えたが、2017年以降は登板回数が減り、今季は2015年以来初めて1軍出場が無くシーズンを終えていた。通算成績は199試合で46勝55敗6ホールド、防御率4.30。
 
 
2019年プロ野球12球団現役引退、戦力外、自由契約選手一覧