データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク、島袋洋奨ら育成4選手に戦力外通告 甲子園春夏V左腕、左肘手術から再起図るも

2019/10/01

text By

タグ: , , , , , , , , ,



 福岡ソフトバンクホークスは1日、島袋洋奨投手(26歳)ら育成契約の4選手と来季の契約を結ばないことを発表した。球団公式サイトが伝えている。
 
 ソフトバンクは、育成選手の中村晨投手(22歳)、笠原大芽投手(24歳) 、島袋洋奨投手(26歳)、張本優大捕手 (28歳)の4選手と来季の契約を結ばないことを発表した。
 
 島袋は2010年に興南高を甲子園春夏連覇に導き、中央大を経て2014年ドラフト5位でソフトバンクに入団。1年目に2試合に登板したが、その後の登板はなく、左肘手術を受けた2017年のオフに戦力外通告を言い渡された。
 
 そして直後に育成契約。リハビリをしながら再起を図った。2018年は2軍戦に登板する回復ぶりを見せたが、再契約を勝ち取った今季も支配下登録されないまま戦力外となった。
 
 
2019年プロ野球12球団現役引退、戦力外、自由契約選手一覧