データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



遅咲きの2人の「たいし」は、球界を代表するスラッガーへと成長するか?【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、遅咲きのスラッガー大田泰示と中川大志について考えてみた。

2015/06/05

text By

タグ: , , , , , ,



ベテランスラッガーから素質を見込まれた中川

 2人目は楽天の中川大志。大田よりも1日早い1990年6月8日生まれだ。
 愛知県の桜丘高校時代はエースで4番。中川も甲子園には出られなかったが2008年ドラフト2位で楽天に入団し、すぐに内野手にコンバートされる。こちらも185cm・89kgという恵まれた体格だ。背番号は入団当時の大田と1番違いの56番になった。

 中川のキャリアSTATSを見てみる。

広尾様0605表3

 1年目のキャンプでは山﨑武司、中村紀洋らベテランスラッガーから素質を見込まれ、指導を受ける。1年目は1軍昇格の機会はなかったが、2年目の秋に1軍昇格し、プロ初安打も放った。
 しかし2011年に右ひざを痛め手術。手術の前に育成契約となり、2012年にかけて自由契約、再契約とステイタスが変わり、長い回り道をすることになった。ただこの間も中川の打力は、高く評価されていた。2013年、台湾で行われたアジアカップでは、主力選手が欠場する中で「4番一塁」を任された。

 そして2015年5月、チームが不振にあえぐ中で1軍に呼ばれた中川は、24試合で5本塁打を打ち、たちまち松井稼頭央と並ぶチームの本塁打王に躍り出た。5月31日にはサヨナラ本塁打、6月4日には自身初の1試合2本塁打となる2打席連続本塁打を放ち、いっきに注目を集めた。

 これまでの中川の2軍成績も見事なものだ。

広尾様0605表4

 2年目から中軸に座り、本塁打王1回、打点王2回。イースタンリーグでは大田とはライバルだった。
 中川は打点が多く、好機に強いスラッガーだということがわかる。やはり2軍では、主力級になっているのだ。

 この間2人が、イースタンリーグでタイトル争いを繰り広げたライバルの中には、DeNAの筒香嘉智(2010、2011年本塁打王・打点王)、ヤクルトの雄平(2011年首位打者)、ロッテの角中勝也(2011年最高出塁率)など、1軍の主軸打者になった選手がたくさんいる。

 一方で、野球史には二軍で数々のタイトルに輝きながら、ついに1軍では活躍することができなかった選手もいる。

 2人は、二軍の強打者で終わるか、1軍で花を開かせるか、その瀬戸際にいるのだ。
 暑い夏は、2人にとって勝負の季節になる。覚醒しつつある2人の「たいし」にますます目が離せない。

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

1 2