データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



NPBオールスター、阪神勢が地元甲子園で躍動! 近本光司が先頭弾、原口文仁&梅野隆太郎は2者連続HR

2019/07/13

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



雨の中も何の!大歓声沸く

<マイナビオールスターゲーム2019・第2戦>
パシフィック・リーグ―セントラル・リーグ(13日・甲子園球場)
 
 第1戦を落としているセ・リーグがこの日は意地の猛攻を仕掛けた。
 
 地元開催で1番に抜擢した阪神タイガースのルーキー、近本光司外野手がいきなり左中間スタンドへ先頭打者本塁打を放ち1点を先制。さらに高橋周平内野手、山田哲人内野手による連続安打などで1死二、三塁とチャンスを作ると、試合前のホームランダービーで初制覇した鈴木誠也外野手の遊ゴロの間に1点を追加し2-0とした。
 
 初回に2失点を喫した山岡泰輔投手に対してセ・リーグ先発の菅野智之投手は2回、2死から銀次に中前安打を許したものの甲斐拓也捕手を一邪飛に打ち取り2イニング続けて無失点に抑えて見せた。
 
 するとセ・リーグは再び阪神勢が躍動する。パ・リーグ2番手で登板した高橋光成投手に対して、前日に代打2ランを放った原口文仁捕手が左翼スタンドへ2試合連続となる本塁打。続く梅野隆太郎捕手も左翼スタンドに飛び込む2者連続本塁打を放ち、地元甲子園は雨の中で大歓声に沸いた。その後、近本と高橋の2連続二塁打で1点を追加。さらに山田の左前安打で一、三塁とすると、筒香嘉智外野手が左中間へ特大の3ラン本塁打を叩き込み8-0とセ・リーグが大きくリードした。