データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープ・鈴木誠也、ホームランダービー初優勝! “3連戦”で森友哉、筒香嘉智、吉田正尚を撃破

2019/07/13

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



小雨の中、いずれも僅差の戦い制す

 プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2019」の第2戦(13日・阪神甲子園球場)に先立ちホームランダービー2日目が行われ、広島東洋カープの鈴木誠也外野手が初優勝を果たした。
 
 この日はまず、第4試合として横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手と埼玉西武ライオンズの山川穂高内野手の両主砲が対戦。先攻の筒香は軽いスイングながら大きな放物線で次々にスタンドに放り込み、レギュレーション2分間で6本を記録した。対する山川は、ライナー性の打球で左中間中段を中心に叩き込んで6本。筒香と同数で並んだため、1分間の延長戦に突入した。
 
 延長戦は、まず筒香がハイペースで5本を記録し山川にプレッシャーをかける。一方の山川はバックスクリーンに飛び込む特大弾を見せたが記録は3本に終わり、接戦の末に筒香が準決勝進出を果たした。
 
 第5試合は、広島東洋カープの鈴木誠也外野手と前日のオールスターゲーム第1戦でMVPを獲得した西武の森友哉捕手が対戦。先攻の鈴木はバックスクリーンをはじめ、左中間、左翼ポール際などに計4本を叩き込む。微妙な数字となったが、後攻の森は3本目以降は打球がなかなか上がらず4-3で鈴木が僅差の勝負を制し準決勝に進出した。
 
 小雨が降る中行われた準決勝は筒香と鈴木が対戦し、まず先攻の筒香が初戦同様軽めのスイングで4本を記録。続く鈴木は開始20秒で1本目を放り込むと、残り38秒で4本。筒香の記録に並ぶと、すぐさま5本目を放ち3連発で5-4と鈴木がオリックス・バファローズの吉田正尚外野手の待つ決勝に進出した。
 
 決勝は吉田が先攻。練習を行ってから臨んだが、雨の中打ち損じが多く記録3本にとどまる。後攻の鈴木は勢いがついてこの日3戦目。開始13秒で1本目をマークすると、1分25秒を残して3-3の同点。優勝へリーチをかけてすぐに4本目を放ち優勝を決めたが、続けて5本目もプラスし5-3で優勝を果たした。鈴木は3年連続の出場となったが、これが初優勝となった。