データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



野村克也流選手育成の方針「誰もがイチローや大谷翔平になれるわけではない」

未来のプロ野球選手を夢見る選手を教える指導者はどのような知識を備えるべきか、そしてどのような指導をすべきか。4月12日に発売された野村克也元監督の最新刊「指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論」から一部抜粋で公開する。

2019/04/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



守備のいい選手は重宝される

 打撃は3割打てれば好打者といわれ、7割の失敗が許される。こんなスポーツは野球以外に存在するのだろうかと、私は思わず聞きたくなってくる。
 
 だが、守備は違う。エラーさえしなければ10割の成功率を目指すことだってできるし、ボールを捕ってから投げるまでの一連の動作は、練習を重ねれば重ねるほど上達する。
 
 それに試合にはレギュラー選手に代打を送ることもある。そのときに代わって入るのは「守備のいい選手」だ。とくに試合の終盤になればなるほど、守備のいい選手を起用することでチーム内に安心感を漂わせる。勝ち試合であればあるほど、守備のいい選手は重宝されるし、試合に出場する機会に恵まれるのも守備のいい選手のほうだ。だからこそ、一軍を目指すのであれば、打撃よりも守備のいい選手になることである。
 
 そこをはき違えて、「自分はこちらのほうが得意だから」と言って、苦手なものにはまったく見向きもしないとか、実戦で活躍できるのはこちらだからと、自分の判断で一方的に決めつけて、見当違いの努力をしているようでは、お先真っ暗になってしまう。
 
 野球界に限らず、今いる世界に入れたということは、何か1つでもキラリと光るものがあったと評価されたからである。「どういう努力をしていけば、この選手は大成できるのか」というのを念頭に置き、正しい方向の努力を積み重ねていけるよう、指導者は選手に対して目をかけてあげることが、大事なのである。
 

著者プロフィール

野村克也
1935年、京都府生まれ。峰山高校卒業後、1954年にテスト生として南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団。3年目でレギュラーに定着すると以降、球界を代表する捕手として活躍。70年には南海ホークスの選手兼任監督に就任し、73年にパ・リーグ優勝を果たす。78年、選手としてロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に移籍。79年、西武ライオンズに移籍、翌80年に45歳で現役引退。27年間の現役生活では、三冠王1回、MVP5回、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回、ベストナイン19回。 三冠王は戦後初、通算657本塁打は歴代2位の記録。90年、ヤクルトスワローズの監督に就任後に低迷していたチームを再建し、98年までの在任期間中に4回のリーグ優勝(日本シリーズ優勝3回)を果たす。99年~2001年阪神タイガース監督。06年~09年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督。著書に『野村ノート』(小学館)『野村の流儀』(ぴあ)など
 

書籍概要


『指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論』
定価:本体1600円+税
 
その教え方が、選手を潰す! 間違いだらけの野球観を捨て、『本物の野球』を学べ
アマチュア指導者へ贈る、選手指導入門編
 
野球競技人口が年々減少していく中、特に未来のプロ野球選手を育てる“指導者”が果たす役割は大きくなっている。選手一人一人の将来に向けて、勝ち負けだけにとらわれず、どのように教えるか。指導者としてあるべき姿、基本をまとめたのがこの1冊だ。具体的な技術論から、選手を教える上で指導者が心得るべきリーダー論まで、野村元監督の野球人生における経験をすべて凝縮した1冊になっている。
 
アマゾンなどで予約受付中です!↓
指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論

1 2