データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍ジャパン、稲葉監督就任後の選出メンバーの変遷は? DeNA・山﨑ら3選手が“皆勤賞”

2019/02/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 野球日本代表「侍ジャパン」とメキシコ代表の強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」(3月9、10日・京セラドーム大阪)に出場するメンバーが18日、発表された。
 
 侍ジャパントップチームの稲葉篤紀監督は、2017年7月31日に就任して以来、「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(U24)に始まり、オーストラリア代表の強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」、「2018日米野球」と指揮を執ってきた。
 
 3月に行われるメキシコ代表との強化試合では、新たに北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎内野手や東京ヤクルトスワローズの村上宗隆内野手ら若手選手を積極的に選出し、11月の「WBSCプレミア12」や東京五輪を見据えている。一方で、チームの軸となる“常連”も絞られてきた。
 
 これまでの選出メンバーを振り返り、稲葉監督の求める選手像を見ていきたい。

【次ページ】投手
1 2 3 4 5